【対策も紹介】あなたは違う?転職できない女性の特徴3つと必要なスキルを解説

これから転職したいと思っている女性のみなさん、もしくは転職活動中でなかなか採用通知がもらえないとお悩みの方、女性の転職の難しさについてお悩みではないでしょうか。

特に20代から30代の女性は結婚、妊娠、出産などの大きなライフイベントが関わってくる時期ですし、40代ともなれば年齢制限に引っかかってしまい転職ができないなど、転職する機会を逃してしまうのではないかと心配ですよね。

そこで今回は、転職できない女性の3つの特徴と転職を成功させるためのスキルをご紹介いたします。転職できないとお悩みの方はぜひ本記事を読んで、転職するためのコツを掴んでください!

転職できない人の3つの特徴


転職には人それぞれ理由がありますが、なかなか次の転職先を見つけられなかったり、応募しても採用されなかったりする人には実は共通点があるのです。そんな3つの特徴を見ていきましょう。

情報収集が足りていない

転職活動をする際にみなさんはどうやって情報収集をしているでしょうか?ハローワークに求人情報を探しに行ったり、インターネットの求人サイトを見たりしている方が多いと思います。しかし、実はそれだけでは足りないのです! 

情報収集が足りていないと、なかなか自分の希望にマッチする会社を見つけられなかったり、条件だけを見て応募してしまったけど実は社風が合わなかったり、自分のスキルが活かせなかったりなど、上手くいかないことも多いのです。

インターネットでは求人サイトの他に、転職エージェントに登録をしてキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を行ったり、SNSで企業の情報を収集したりと様々なアプローチができます。実際にその会社で働いている人の口コミなどを見られる転職サイトなどもあります。

また、派遣会社の紹介予定派遣などでは正社員への採用を前提として働ける制度もあります。正社員で働く前に派遣として働きながら企業と自分の相性や人間関係、仕事内容をみることができる絶好の機会となります。

このように多面的に情報を収集して自分にあった転職活動をできる方がより有利になるのです!

自分の市場価値を理解していない

次に多いのは自分の市場価値を理解していないケースです。まず、現在働いている会社での評価と市場価値は必ずしも一致していないということを頭に入れておきましょう。社内では高く評価されていたけれども、その能力やスキルはもしかしたらその会社の中でしか通用しないものかもしれません。

逆に、会社ではあまり評価されていない、自分はできないと思っていても、実は市場価値が高いというケースもあります。一般的には30代後半からは年齢制限があり求人が少ないという印象がありますが、実は経験があり即戦力となる30代後半以上の方を好条件で募集している会社もあります。

自分がこれまで培ってきたスキルや経験を客観視して、それにマッチした会社へ応募することがポイントとなってきます。

キャリアプランが明確になっていない

転職活動、特に面接で大事になってくるのが、キャリアプランです。キャリアプランとは「自分自身が仕事において将来どうなりたいか?それを目指すためにどういった計画や考えを持っているのか?」ということを示すためのものですが、これが明確になっていないと面接などでつまずいてしまう可能性大なのです!

自分の希望する条件にマッチする会社が見つかり面接まで漕ぎつけたのに自身のキャリアプランが曖昧だと、面接で思うように答えられなかったり矛盾していることを言ってしまったりという事があります。せっかく掴んだチャンスを逃さないためにはキャリアプランをきちんと立てましょう。

キャリアプランの立て方については「【例文付き】事務職でキャリアプランは立てられる?キャリアプランの立て方を徹底解説」詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

【例文付き】事務職でキャリアプランは立てられる?キャリアプランの立て方を徹底解説

転職を成功させるためのスキル


転職できない人の特徴をご紹介してきましたが、ここからは転職を成功させるための3つのポイントをご紹介していきます。情報収集をして、自分のスキルを活かせる会社を見つけ、キャリアプランを立てるためにはどんなことが必要なのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

まずは自己分析から始めよう

キャリアプランや自分の市場価値を見極めるのに必要なのが自己分析です。なぜ転職をするのか、新しい会社でどんなことをやりたいのか、これまで身に着けてきたスキルや経験、得意な事、具体的な実績などをまずは書きだしてみましょう。

アルバイト経験しかない、大したキャリアがないからという理由で自己分析を怠ることはNGです。例えば、事務職の経験者だったら人とのコミュニケーションが得意という面が見えてくるかもしれませんし、コンビニでのアルバイト経験者であればマルチタスクを同時にこなせる能力があることがわかるかもしれません。些細なことでも構いませんので、こういった自己分析を行うことで自分は何が得意で不得意なのか、今後の課題はどんなところかなどが見えてきますので、それらをリストアップしてみましょう。

自己分析がきちんとできている方は、面接の際にも多方面からの質問に自分の意思をしっかり持って答えることができ、好印象を与えることができます。

特に女性に場合は、結婚、妊娠、出産、子育てなどのライフイベントが転職に関わってくる方が多いのが特徴です。こういった場合、条件だけに左右されて会社を選んでしまう方も多いですが、自己分析ができていることによって、条件だけでない部分が見えてきてより自分らしく働ける会社を探すためのカギにもなるのです。

転職の時期を見極めよう

次に大事なのは転職の時期です。思い立ったらすぐに転職活動をする方もいますが、実は転職市場にも求人が増える旬な時期というのがあるのです。一般的には会計年度が始まる数ヶ月前となります。一番多いのは4月始まりですので、その数ヶ月前の1月頃から求人が増え始めます。

業界によっては12月が年度末の会社もありますし、外資系企業などは9月始まりの会社もありますので、希望する会社の年度末を確認して、求人が多く出る時期を見極めることもポイントとなってきます。

エージェントに相談するのがおすすめ

ここまで転職活動に必要なスキルやポイントをご紹介してきましたが、一人で転職活動を行うのは意外と大変です。

特に自己分析やキャラプランがこれでいいのかと不安になったり、自分の市場価値などがよく分からなかったりという方も多いと思います。そこでおすすめなのが転職エージェントです。エージェントでは、経験豊富なキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。

自分の条件にマッチした求人の紹介はもちろん、一緒になってキャラプランを考えてくれたり、面接の練習を行ってくれたりと転職活動をする上での心強い味方なのです。実際に筆者の周りでは転職エージェントを利用して転職活動をするのが当たり前という認識の方が多いです。

まとめ


今回は転職活動が上手くできない人の特徴と転職を成功させるために必要なポイントをご紹介してきました。

あなたは当てはまっていましたか?転職に大事なのは、転職市場を理解するための情報収集に自己分析力、自身のキャリアプラン、そして頼りになるキャリアアドバイザーがいる転職エージェントです。

ぜひこれらを活用して転職を成功させてください!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?