医療事務に将来性があるってホント?将来性がある他の事務職も合わせてにご紹介!

これまでITサポート事務の教科書編集部では、様々な事務職について仕事内容やお給料、将来性などについてご紹介してきました。

『事務職で最もおすすめな業界は?将来性やお給料、待遇などの観点から徹底比較!』

事務職で最もおすすめな業界は?将来性やお給料、待遇などの観点から徹底比較!

今回は、事務職の中でも特に女性や社会復帰したい主婦の方に人気の医療事務について、人気の理由や将来性を詳しく探っていきます。事務職に興味があり転職を考えている方はぜひご一読ください!そのほか編集部おすすめの事務職も合わせてご紹介いたしますよ。

医療事務が人気の3つの理由


医療事務はみなさんご存知の通り、病院や調剤薬局などで働く事務ですが、主な仕事は受付や会計業務のほか、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成するためにレセコン(レセプトを作成するためのコンピューター)に診療内容や保険点数を入力したり、カルテの管理など行ったりしています。

私たちの生活にとても身近な存在であるため、未経験でも仕事内容が想像しやすいお仕事のひとつですよね。そんな医療事務はなぜ人気なのでしょうか?そこには3つの理由がありました。

将来性、安定性がある

医療事務でもっとも特徴的なのは、仕事の場が医療業界ということにあります。人々の健康を守る生活の一部として欠かせない病院や薬局。医師や看護師だけでなくもちろん医療事務にも多くの需要があります。さらに高齢化社会により、その数は年々高まっているのです。

将来性としては、医療事務から医療コンシェルジュへキャリアアップしどんどんスキルを上げていく方もいますが、やはり人気の理由は仕事の安定性です。医療という特徴柄、経営が安定している病院も多く、安心して働ける環境が整っているのです。

また、都心の大きな病院だけでなく、地方の病院や開業医などの小さなクリニックでも全国的に医療事務は募集されています。そのため、旦那さんの転勤などで地方に行くことがある主婦の方でも経験を活かして働くことができる人気の職種なのです。

さらに、診察日や診察時間が決まっている病院は、休みの計画が立てやすくプライベートとの両立がしやすいというのもポイントです。

未経験者や資格がなくても応募しやすい

医療事務の特徴としてもうひとつ挙げられるのが、未経験者や資格がない方でもチャレンジしやすいという点です。専門資格が必須と思われがちな医療事務ですが、実は未経験者の募集も多く、資格取得は必須ではないのをご存知でしたか?

レセプト業務や会計、予約、カルテ管理など、業務に携わりながら必要な知識を覚えていくので、医療事務の経験がない方でも応募がしやすいのです。初心者でも始めやすいお仕事ですが、先述したように全国的に募集のある医療事務ですので、一度経験を積めば転職も有利になってきます。これから事務職への転職を考えているならおすすめといえるのです。

やりがいを感じ仕事ができる

お給料や将来性、ワークライフバランスのとりやすさなど、仕事をする上ではどれも大事ですが、意外と仕事の楽しさや充実感を得るのに大切なのがやりがいです。

もちろんどんな仕事でも、個人のモチベーション次第でやりがいを感じることができます。その中でも医療事務は、病院の顔として患者さんに最初に接する仕事でもあります。

直接患者さんを治療する医師や看護師ではありませんが、患者さんへ寄り添いコミュニケーションを取り、影から支えているという大きな役割があります。「ありがとう」と感謝されることも多く、やりがいへと繋がっていくのです。

他にもある!?おすすめの事務職とは?


ここまで人気の医療事務について見てきました。これから将来性も考えて医療事務に転職しようかと考えているあなた、他にも将来性抜群の事務職があるのをご存知ですか?ここからはおすすめのITサポート事務ご紹介です。

おすすめはITサポート事務

IT業界と医療業界。まったく異なる性質の事務ですが、おすすめするには理由があります!医療事務の人気ポイントにも共通する点が、実はITサポート事務にもあるのです。

ITサポート事務の将来性

まず、挙げられるのがIT業界の将来性です。医療と共に私たちの生活に欠かせないIT。パソコンはもちろん、スマホでSNSやネットショッピング、ネットニュースなどをチェックするなど皆さん毎日使っていますよね。そんな成長著しいIT業界。ITサポート事務は他の事務職に比べると求人数も多く、給料も高めの傾向にあり、将来性抜群なのです。

ITサポート事務は未経験者でもチャレンジできる

ITサポート事務は、ITプロジェクトなどのアシスタント業務が主な仕事となります。データ入力や資料作成、システム動作テストのほか、ミーティングに出席してプロジェクトの進捗をまとめたり、電話やメールで関連する部署や顧客とのやりとりを行ったり、スケジュール管理などを行います。

実は仕事の内容自体は一般事務と大差はないのです。特別な資格も不要で未経験者の募集が多いのが特徴です。しかし、仕事をするに連れITに関する知識がどんどん増えていき、スキルが身についていくので、結果的にエンジニアにキャリアアップがしやすく、将来像の描きやすいのです。

ITサポート事務のやりがいは?

医療事務は直接患者さんとコミュニケーションをとり、病院関係者の仕事を支える大切な仕事です。感謝されることも多くやりがいを感じることができます。一方のITサポート事務は、ITプロジェクトを支える縁の下の力持ち的な役割があります。プロジェクトメンバーの一員であり、出来上がった成果物を目にすることができ、ITサービス利用者の声を聞くこともでき、こちらもやりがいを感じることができます。

ITサポート事務についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひお読みください。

『IT業界の事務には将来性がある!3つの理由と具体的なキャリアアップをご紹介します』

ITサポート事務には将来性がある!3つの理由と具体的なキャリアアップをご紹介します

まとめ


今回は医療事務の将来性や人気の理由について詳しくみてきました。将来性もあり転職もしやすい医療事務。特に社会復帰を考えている主婦の方など女性に人気なことが分かりました。しかし、同じ事務職でも将来性があり、お給料も高く、やりがいも感じられるとしたら、ITサポート事務にも興味が沸いたのではないでしょうか?

将来を左右する大事な転職ですが、ぜひいろんな事務職を検討して自身にあったお仕事を見つけてください!