【経験者が語る】ITサポート事務はブラック?ホワイト企業の見分け方を徹底解説!

IT業界に転職を考えているものの、ブラックなイメージが拭いきれないという方は多いのではないでしょうか。
特に小さなお子さんや家庭を持っている女性にとっては、働き方は重要となってきますよね。

そこで今回は、下請けの小さなベンチャー企業から外資系IT企業まで様々な環境で働いた経験を持つ筆者が、IT業界の実情をお教えします。

IT業界がブラックといわれる原因やITサポート事務の残業の実態を詳しく解説!

そして、安心して働ける会社を見分けるポイントもご紹介します。

IT業界=ブラックの理由はふたつ!

IT業界がブラックといわれる、そのイメージの原因は大きく分けて二つに分けられます。

・残業が多い
・転職が多い

正直にいうと、残業が多くて給料が安い、休日出勤がある、残業代が出ない、代休が取れないなどのブラック企業が存在することは事実です。
こういった企業は一部ではありますが、下請けとして開発を行っている会社などに見られます

しかし、すべてがブラックなわけではなく、在宅勤務制度や有給休暇を完全取得した社員に報奨金を支払うなどの新しい制度を取り入れて、社員が働きやすい環境を整えている会社のほうが多いのが実情なのです。

常に残業が発生しているわけではない

IT業界未経験の方がイメージするのは、夜中まで残ってひたすらパソコンに向かって作業してそう。そう思っている方も多いと思います。

実際に急なシステムの仕様変更があったり、バグといってプログラム上の不具合が見つかったりして残業になってしまうことはあります。
特にシステムやサービスのリリース前後などにそのような残業が発生しますが、これはエンジニア側の作業になります。

しかし、そこで過度な残業が発生するかどうかは、それぞれの会社によるのです。社員のワークライフバランスを大事にしている会社は、その点を考慮して翌日は午後出社を認めていたり、もともとのスケジュールに余裕を持って取り組んでいたりしています

ITサポート事務は残業が少ない

そして、ITサポート事務の残業は?というと、これはエンジニアに比べて少ないケースがほとんどです。

『ITサポート事務と一般事務の違いを徹底解説!仕事内容や給与、残業、福利厚生についても紹介』でもご紹介していますが、事務の仕事において残業が発生することは少なく、定時で帰れる会社がほとんどです。
一般事務との残業の差もほとんどありません。

IT業界だからといって残業が多いわけではないのです。

IT業界はキャリアアップのための転職が多い

次に挙げられるのが転職の多さです。

未経験者の募集も多く「もしかして、すぐに辞める人が多いから募集も多いのでは?」と思ってしまいがちですが、それはIT業界の成長に伴う人材確保のために広く募集されているのです。

しかし、比較的新しい業界であるITですが、ひとつの会社に勤続年数20年以上という人は少ないのが本当のところです。
ではなぜ転職が多いのか?それは、ブラックな環境から抜け出すために離職するという方ももちろんいますが、その多くはキャリアアップのための転職であり、それがIT業界の特徴ともいえるのです。

新しい技術を身に着けたい、こんなプロジェクトをやってみたいなどのキャリアアップを目指す方が、転職して新しい環境に飛び込んでいるのです。

ブラック企業を見分けるポイント

ITサポート事務の仕事は残業が少ないことはお伝えしましたが、次に気になるのは、その会社自体が社員を大切にしてくれるかどうかです。事務は残業が少ないけれど、一緒に働く仲間であるエンジニアやプロジェクト関係者たちがブラックな環境で働いていては意味がありませんよね。その会社がブラックかどうかを見分けていくポイントをみていきましょう。

まずは募集要項を細かくチェック

勤務時間が応相談となっている場合は、少し注意が必要です。ITサポート事務にはこのようなケースはほとんどありませんが、エンジニア職は残業が多く発生する場合などは「応相談」になっていることも。

手当てとして残業代がきちんと支払われるのかも確認しましょう。将来エンジニアなどへのキャリアアップの際も大事なポイントとなってきます。

実際に福利厚生制度が利用されているかをチェック

IT業界は福利厚生面が充実していることは、『ITサポート事務と一般事務の違いを徹底解説!仕事内容や給与、残業、福利厚生についても紹介』でもご紹介していますが、充実しているから大丈夫!とはならないのです。

特に女性の場合は産休、育休、時短勤務などが大きく関わってきますが、これらの制度がきちんと整備されていることだけでなく、実際に制度を利用している社員が多くいるかがポイントとなってきます。募集要項だけではなかなか分からないですが、転職エージェントに聞く、あるいは転職口コミサイト、SNSなどで社員の生の声を取集して、その企業の実情を探ってみましょう。

無料カウンセリングを受けてみる!

まとめ

IT業界がブラックといわれるその原因や実態をお伝えしました。ブラックなイメージはなくなったのではないでしょうか。

新しい技術やサービスがどんどん生まれるIT業界では、社員の働き方などにおいても新しい制度をいち早く導入し、社員のワークライフバランスを確保するための取り組みをしている会社が多いのです。

お伝えしたポイントを参考に、ITサポート事務への転職をはじめてみませんか?きっと自分の働き方にあった会社が見つかるはずですよ!