女性の将来性のある仕事3選!手に職をつけて安定的に働ける会社の選び方を徹底解説

・将来性のある仕事に就きたい
・ライフイベントがあっても長く続けられる職種に転職したい
・安定した仕事がしたい

このように将来性があり、長く続けられる仕事に就きたいと考えている女性の方は少なくありません。

結論からお伝えすると、経験・スキルがなくても将来性があり、長く続けられる仕事に転職するのは可能性です。

では、どのような仕事、職種であれば将来性があるのか、そうした職種に転職するためにはどのような準備をすればいいのかなどについてご紹介します。

本記事を一読いただければ、将来性のある職種が把握でき、転職活動に向けた適切な準備を進めることができるようになります。

将来性ある仕事、職種に転職するための情報を凝縮してお伝えするので、是非一読いただき転職活動の参考にしてください!

将来性のある職種のポイントとは?

将来性のある仕事、職種には見極めポイントがあります。

例えば、30年前に「将来も無くならない」と言われていた仕事はタイプライターでした。しかし、パソコンの登場により、タイプライターという仕事の需要は無くなりました。

なぜタイプライターが無くならないと言われていたかというと、「パソコンの登場」という社会の進展をきちんと予測できていなかったからです。

つまり、将来性のある仕事、職種を見極めるには、社会の進展を考慮するのが重要というわけです。

そこで、今後の社会の進展を考慮した上で、将来性のある仕事、職種の見極めポイントをご紹介しましょう。

AIに仕事を奪われない

AIとは、人工的につくられた知能のことです。AIの発展は現在進行形で急速に進んでおり、人間の生活や仕事に浸透してきています。

身近なものでいえば、AmazonのアレクサやAppleのSiriなどでしょう。

そのAIの発展により、専門家によって割合は異なりますが、今ある約5~8割の仕事、職種がAIに取って代わると言われています。

実感がわかないかもしれませんが、AIの発展はそれだけ目覚ましいということです。

つまり、AIに仕事を奪われない、AIに取って代わられない仕事、職種が将来性があるというわけです。

AIに奪われない仕事の基準

AIに奪われない仕事は以下の点をいずれか満たしている仕事です。

・新しいことを創造する仕事
・対人の仕事
・課題解決を主にする仕事

AIにも苦手な領域はあり、それが新しいことを創造することや人と接すること、課題解決をすることです。

そうしたAIが苦手とする仕事は、今後も人間が続けていく可能性が高いため、将来性があると言えるわけです。

専門性が身につく

将来性のある職種は、AIに取って代わられないだけでなく、キャリアアップする上で重要になる専門性が身に付きます。

AIは単純作業やルーティン作業、データ照合やデータ処理を得意としています。そうした仕事は人間が行っても、なかなか専門的なスキル・知識は身につきません。

一方で、AIが苦手とする仕事は、人間が従事すると、専門性が身につき、そしてAIに代替されない仕事ができるようになるわけです。

つまり、将来性のある仕事とは、AIに奪われない上に、専門性が身につく仕事だと言えます。

将来性のある職種3選

長くキャリアを築いていくために、将来性のある仕事、職種に転職したいと、女性から非常に多くの声が挙がります。

そこで、将来性のある職種を厳選して3つご紹介します。先ほど解説した将来性のある職種のポイントを網羅したものをご紹介するので、是非参考にしてくださいね!

営業

まず、将来性のある職種として営業が挙げられます。営業は対人をメインとする仕事であり、AIに取って代わられません。

営業はお客様への営業活動以外に、事務処理や資料作成などの業務もありますが、その部分はAIが代わりに行ってくれるようにもなるので、残業時間が少なくなると予測されています。

また、営業はビジネスの最前線に立つということもあり、提案力や交渉力、コミュニケーション能力など、様々なビジネススキルが身につき、長く続けることが可能になります。

ただ、業界によっては残業時間が多く、家庭との両立が難しい、時短勤務が難しいなどのケースも一部あります。

そのため、営業を志望するなら、残業時間が少ない、家庭との両立が取れる業界の営業を目指すのがおすすめです。

エンジニア

エンジニアは新しいものを創造する職種のため、AIに仕事を奪われることはありません。

また、プログラミングやIT知識など、専門性の高いスキル・知識を身に付けられるため、長く安定して働き続けることができるでしょう。そのため、将来性があると言えます。

他方、エンジニアはIT革新を背景に人手不足が加速しています。

そのため、エンジニアは専門性の高い職種ですが、未経験採用を行う採用企業も非常に多く、スキル・知識がなくても採用されるチャンスがあります。そして、そうした未経験採用を積極的に行う採用企業は、一人前のエンジニアになるまで、手厚く研修を行ってくれます。

近年では女性にも人気のある職種で、文系からエンジニアになる人も少なくありません。将来性があり、キャリアアップしやすいエンジニアは非常におすすめです。

事務

事務はルーティン業務が多く、AIに取って代わられる可能性の高い仕事です。

ただ、事務の中でも、創造的な仕事、専門性の高い仕事が含まれていれば、AIに仕事を奪われることはありません。例えば、経理事務や労務事務、IT事務などです。中でもIT事務はより将来性があります。

IT事務はITのスキル・知識が身につき、専門性の高い仕事を中心に行うため、AIに仕事を奪われることはありません。加えて、創造的な仕事のサポートも行うため、仕事が無くなるどころか需要がより高まっています。

他方、IT知識のある人材が転職市場に不足していることからも、IT事務を未経験採用している採用企業が多いです。

将来性がある上、未経験からでもチャレンジできるIT事務は非常におすすめです。

将来性のある職種に転職するための準備方法とは?

将来性のある職種を把握できたら、次は転職活動に向けてどのような準備を進めれば良いのかを理解するのが重要になります。

そこで、将来性のある職種に転職するための準備方法について解説していきましょう。

情報収集を行う

まずは、情報収集をきちんと行いましょう。主に、受けたいと考える企業やその業界について情報収集を行うのが良いです。

将来性のある職種を希望しても、営業やエンジニアだと、業界や企業によっては残業時間が長く、家庭との両立が難しい場合もあります。

また、人間関係や社風などで、男女差がない企業でないと、将来性のある職種に転職できても、その後長くキャリアを築くことが難しいこともあります。

そのため、採用情報や企業のホームページを検索し、情報収集を行い、準備を進めるのがおすすめです。

ある程度のスキルを身につける

将来性のある職種で、未経験採用を行う企業も多いですが、ある程度のスキルは身に付けておきたいです。

例えば、エンジニアやIT事務を志すなら、プログラミングやIT知識を身につけるのがいいでしょう。

もちろん、知識がなくても採用されるチャンスは大いにあります。ただ、より採用される可能性を高める、職種に関する理解を深めるためにも、ある程度の知識は身につけておくのが大切だというわけです。

インターネット、書籍を利用して、一度勉強してみましょう!

転職エージェントの利用が成功への近道!

将来性のある仕事、職種への転職を成功させるには、転職エージェントを利用するのが何よりの近道です。

転職活動は準備から求人検索、書類作成、応募、面接など、非常に時間がかかり、労力も必要になります。
そうした仲、転職エージェントを利用すれば、転職相談や面接対策、書類添削など様々なサポートを受けられます。転職成功の可能性をより高めるためにも、転職エージェントの利用は欠かせません。

そして、中でもおすすめの転職エージェントが「IT事務の教科書」です。

IT事務の教科書は転職活動のトータルサポートはもちろん、ご紹介した営業やエンジニア、IT事務などの職種の求人を多数紹介してくれます。

長く働ける仕事、将来性のある仕事へ転職したいと考える女性の転職活動をIT事務の教科書は全力出サポートします。

まずは、無料面談にお越しください!一緒に希望の転職を叶えましょう!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?