仕事を辞めてから転職するまでの期間はどれくらい?ブランク期間のアピール方法も紹介

「仕事を辞めてから転職までの期間ってどれくらい?」

「どれくらい余裕をもって転職すればいいんだろう・・・」

「ブランク期間がありすぎると転職に不利になるのかな?」

このようなお悩みはありませんか?

この記事では、転職の期間でお悩みの方に向け下記について、詳しく解説していきます。

・仕事を辞めてから転職までの平均的な期間
・仕事を辞めてから転職することのメリット・デメリット
・面接官の心証を悪くしないブランク期間の過ごし方

記事を読むことで、安心して転職活動に励むことができます。

編集部

準備をしっかりと整えて、失敗のない転職活動を行っていきましょう。

仕事を辞めてから転職するまでの平均は1~2カ月

エン転職の調査では、最大で3カ月以内、仕事を辞めてから転職を行うまでの平均期間は1~2カ月程度であることが分かっています。

(参考:エン転職『転職活動の実態調査』

基本的には、下記の転職活動を1~2カ月ほどの期間で行うことになります。

①自己分析
②情報収集
③書類作成
④面談
⑤内定

上記の流れで転職活動を行い、内定が決まる段階で退職することを伝え、仕事を引継ぎ、退職するといった流れになります。

編集部

また、転職活動をスムーズに進めるためには転職エージェントをうまく利用することがポイントです。

自己分析~面談までを徹底的にサポートしてくれますから、ぜひ積極的な利用を考えてみてください。

在籍中に転職する人も多い

エン転職の調査では、約88%の人が「在籍中に転職を行う」と回答しています。

在籍中に転職を行う人が多い理由は下記の通りです。

・無職の期間を作りたくないから
・次の会社を決めておくことで経済的に安心できるから
転職エージェントを利用すると在職中でも早く決められるから

などといった理由になっています。

(参考:エン転職『在籍中に転職活動を行いますか?』

「在籍中に転職活動を完結させる」「退職後に転職活動を行う」どちらにも一長一短がありますし、どちらが正解ということもありません。

自分自身の状況やメリット・デメリットを考慮し、好きな方を選べばよいのです。

仕事を辞めてから転職を行うデメリット

それでは、会社を辞めてから転職を行うメリット・デメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

まず、デメリットは下記の通りになっています。

・期間が空くと面接官にマイナス印象を与えてしまう
・収入が途絶えてしまうリスクがある
・生活のリズムが乱れて社会復帰にしづらくなる

それぞれについて詳しく解説していきます。

期間が空くと面接官にマイナス印象を与えてしまう

まず、無職の期間が長引いてしまうことで、面接官にマイナスの印象を与えてしまうことがあります。

ストレスだった仕事から解放され、一時的な自由を得たとき、人はどうしても堕落してしまうものです。

「貯金もあるし、ちょっと遊ぼう」なんていう思いを断ち切れず、引きずってしまう人も少なくありません。

そうして転職期間が長引き、面接官に「退職してから何をやっていましたか?」と聞かれ、回答に困ってしまうのです。

もっと言うと、履歴書に生まれた空白を説明することも難しくなります。

このように、無駄にブランク期間を長引かせてしまうと「書類作成」「面談」などの場面で大きなネックになってしまうのです。

収入が途絶えてしまうリスクがある

退職後に転職を行うと、収入が途絶えてしまうリスクがあります。

転職活動の結末は誰にも予想できませんから、必ずしも計画通りに進むわけではありません。

想定したよりも長くなり、貯めていたお金が無くなるということも十分考えられるのです。

また、貯金が少なくなってきた焦りから間違った選択をしてしまい、満足のいく転職にならないという可能性もあります。

そして焦ってだした結論が早期退職につながり、「お金が無い中で再び転職活動を行わなければならない」ということにもなり兼ねません。

編集部

ですから、「できるだけ短い期間で満足のいく転職がしたい」とお考えの方は、転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントを利用することで、短い期間の中でも満足のいく結果を得やすくなります。

生活のリズムが乱れて社会復帰しづらくなる

仕事をしていると「夜に寝て朝起きる」という生活リズムを保つことができますが、仕事を辞めると開放感から生活リズムが乱れやすくなります。

もっと言うと、「次の日朝起きなくてもいい」というストレスフリーな環境が夜更かしにつながり、体調を壊してしまうこともあります。

こうなってくると転職活動どころではなくなり、社会復帰すらしづらくなってしまうのです。

特に、会社が休みの日になると夜更かしをしてしまっている人は注意しましょう。

仕事を辞めてから転職を行うメリット

次に、仕事を辞めてから転職を行うメリットを紹介していきます。

メリットは下記の通りです。

・焦らず転職を進められる
・転職スケジュールが立てやすい
・リフレッシュ期間をつくることができる

それぞれについて詳しく解説していきます。

焦らず転職を進められる

退職後に転職を行うことで、焦らず転職を進めることができます。

どうしても、働きながらだと仕事と仕事の間でしか時間を使えませんから、100%で転職活動を行うのは難しいです。

退職をしてからだと、落ち着いて自分のキャリアプランを練ることができ、着実に転職活動を進めることができます。

ただし、前述した通り「自制する気持ち」が必要です。

しっかりと自分を抑制し、転職活動を計画的に進めようとする自発的な意思が重要になることを覚えておきましょう。

転職スケジュールが立てやすい

退職後の転職活動は、転職スケジュールが立てやすいというメリットもあります。

在職中に転職を進めると、休日に面談を入れることになりますから、思ったようにスケジューリングできないことが多いです。

転職先が柔軟に対応してくれるケースもありますが、原則として日にちを提案するのは相手になります。

どうしても行きたい企業があったとしても、スケジューリングできないことで断念する…なんてこと起きる可能性もあるのです。

ですから、現職が忙しくて時間がとれなさそう人は、退職後に転職活動を行った方がよいといえます。

「現職が忙しすぎる…」という人は円満退職のためにも、まずはしっかりと引継ぎを済ませましょう。

リフレッシュ期間をつくることができる

退職後に転職活動をすることで、リフレッシュ期間をつくることもできます。

リフレッシュ期間とは、「好きなところに小旅行」「実家に帰省してゆっくりする」など、自分の好きなように過ごせる期間です。

ちょっとした小休止をとることで、転職活動や内定後の仕事にもハリがでて、より精力的な活動ができるようになります。

ただし、はめを外し過ぎると貯金を尽かし、経済的に破綻する可能性がありますから、リフレッシュ期間を設けたい際は計画的に行いましょう。

仕事を辞めてからのブランク期間でできること

仕事を辞めてからのブランク期間では色々なことができます。

しかし、ただダラダラ過ごすだけの期間を作ってしまっては面接官の心証を悪くさせることにもつながってしまいます。

では、どのような過ごし方であれば面接官にも納得してもらえるのでしょうか。

編集部

編集部おすすめの過ごし方は下記の通りです。
・語学留学や短期教室に参加
・目指したい業界の資格の勉強

それでは見ていきましょう。

語学留学や短期教室に参加

語学留学やプログラミング教室などに参加していた場合は、面接官の印象を悪くすることはありません。

語学留学は外資系企業の面接官に良い印象を与えますし、プログラミング教室に通うことでIT企業の面談で有利になることもあります。

ただし、希望する企業とマッチする内容でない場合は、かえって印象を悪くする可能性があるため注意してください。

どういった意図があって語学留学、もしくはプログラミング教室に通ってたかを、しっかり説明できるようにしておきましょう。

目指したい業界の資格の勉強

ブランク期間に資格の勉強を行うのもよいです。

具体的な資格でいえば「ITパスポート」「簿記2級以上」「秘書検定」などです。
勉強した資格と応募する企業がマッチしていれば評価もより高くなります。

ただし、資格の勉強も明確な意図があって勉強したことを伝える必要があります。

たとえばITパスポートを取得したのであれば、「IT業界に関心があり、業務としても携わりたいと考えていたため勉強をしました」といったように説明するとよいです。

汎用性の高い資格を取得することで、幅広い会社からの評価につながります。

まとめ

この記事では、「仕事を辞めてから転職するまでの平均の期間・過ごし方」などについて解説してきました。

転職は最初から最後まで何が起きるか分かりません。

「絶対にいけるだろう」と思っていた企業から不採用通知を貰うかもしれませんし、なんとなく試験を受けた企業が良いご縁につながることもあります。

編集部

そして転職成功の確率を上げるためには、転職エージェントの利用が非常に有効的です。

転職の失敗を避けることにもつながりますので、これから転職を行う方は積極的に利用をしてみてください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?