学歴がなくても稼げる仕事の特徴とは?仕事の選び方やオススメの職種を徹底解説

稼げる仕事に就いてたくさん稼ぎたい!

学歴と職歴が無くても就ける仕事ってあるのかな?

稼げる仕事に手っ取り早く就職する方法があれば知りたいな

このようにお考えではありませんか?

この記事では、稼げる仕事をお探しの方に向け、下記を紹介していきます。

・学歴や職歴が無くても稼げる仕事の特徴
・実際に稼げる仕事3選
・稼げる仕事に就くまでの3ステップ
記事を読むことで、稼げる仕事と、その仕事に就くまでの具体的な方法を知ることができます。

編集部

稼げる仕事に就き、将来的に後悔することのない、安定した裕福な暮らしを手に入れましょう!

学歴・職歴が無くても稼げる仕事の特徴

学歴や職歴が無くても稼げる仕事の特徴は下記の通りです。

・専門性が高い仕事
・会社の売上に直接関わる仕事
・成長が著しい市場にある仕事
以下では、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

専門性が高い仕事

専門性の高い仕事は稼ぎやすいです。

なぜなら、専門性の高い仕事ほど需要が高いからです。
需要が高い人材は多くの企業が欲しがりますから、必然的に年収が高くなります。

専門性の高い職業といえば、医師や弁護士ですが、他にも専門性の高い仕事というのはたくさんあります。

編集部

たとえば、IT業界では「エンジニア」、建設業界では「施工管理技士」などです。
これらの仕事は、学歴や職歴がなくても目指すことのできる職業でもあります。

会社の売上に直接関わる仕事

会社の売上に直接関わる」という点も、稼ぎやすい仕事の特徴です。

会社の売上に直接関わる仕事とは、たとえば「営業」「カウンセラー」などが該当します。

営業は、顧客と直接的にやり取りをし、もらった成約が会社の売上そのものとなります。
こうした売上への貢献度が高い仕事というのは、インセンティブ(歩合)やボーナスの配当が高い傾向にあるのです。

ですから、営業職はよく「仕事をした分だけ給与がもらえる」という風にいわれます。

一方、介護職やサービス職というのは、お店や施設を運営するための固定費用がかかるため、従業員への還元率が低くなり、高い年収やボーナスを望めません。

成長が著しい市場にある仕事

成長が著しい市場の中にある」という点も、稼げる仕事の特徴になります。

成長が著しい市場は、企業の成長も速いですから、稼ぎやすい仕事も生まれやすくなるのです。

成長が著しい業界の例を挙げると「IT業界」「建設業界」などになります。

特にIT業界の成長は著しいですから、稼ぎやすい仕事が常に溢れています。

先ほど例に挙げたエンジニアもそうですし、「IT業界の営業マン」「IT事務職」といった仕事も比較的安定しています。

一方、成長が見込まれない市場(衰退していく業界)では企業の存続すらも難しいため、正社員として働くことはあまりおすすめできません。

ですから、これから仕事選びをする人は、「この企業が属する市場は成長しているのかな?」という観点をもっておくとよいです。

学歴・職歴に関係なく稼げる仕事

学歴や職歴に関係なく就くことができ、他の仕事より稼ぎやすい仕事は下記の通りです。

・エンジニア
・営業職
・施工管理職
では、なぜ上記の仕事は稼ぎやすいとされているのでしょうか。

編集部

以下では、それぞれの仕事が持つ「稼ぎやすい理由」「学歴や職歴が無くても仕事に就ける理由」の2つについて詳しく解説していきます。

エンジニア

エンジニアは未経験でも始められる仕事である上に、稼ぎやすい仕事です。

エンジニアが稼ぎやすい理由は下記の通り。

・求人が多いため仕事に困ることがない
・IT業界の成長が著しく需要が高まっている
専門性が高いため一人当たりの雇用単価が高い
上記の通り、エンジニアは仕事に困るリスクも低く、未経験の人でも稼ぎやすい仕事です。

ただ、未経験の人の場合、最初から高い給与を得ることは難しくなっています。
それは、エンジニアは経験年数と「どのような仕事を行ったか」という実績が収入に直結するからです。

つまり、学歴は関係ありませんし、職歴は(エンジニアとしての職歴以外は)ほぼ関係してきません。

ですから、将来的なことを考えて仕事をしていきたい人には非常におすすめできる仕事です。

営業職(特に不動産投資の営業)

職歴や学歴に関係なく稼げる仕事の代表格ともいえるのが営業職です。

営業職が稼ぎやすい理由は下記の通り。

・未経験でも仕事を覚えやすい
結果さえ出せば相応の収入が増える
・インセンティブ(歩合)の配当が大きい
上記にもある通り、営業職は営業成績での勝負になるため、学歴や職歴は一切関係してきません。

また営業職の中でも、不動産投資の営業は稼ぎやすいです。

不動産投資の営業職は成約1件あたりのインセンティブが大きく、固定給と合わせると1年目でも月収100万円を超えることもあります。

さらに不動産投資の営業は不動産関連の知識も身に付くため、営業で得た知識が将来的に役立つ可能性も高いです。

施工管理職

施工管理職もこれまでに紹介した仕事同様、学歴や職歴に関係なく稼げる仕事です。

施工管理職が稼ぎやすい理由は下記の通り。

・建築業界の成長が安定しているから
・業界全体を俯瞰的に見ても平均年収が高い
未経験可の求人で月収50万円を超える求人もある
施工管理職は肉体労働もある仕事であるため、大変だと感じることも多少はあります。

ですが、安定して高い給与を得られる仕事として非常に人気が高いです。

資格の有無により収入が変わる面もありますが、資格取得を金銭的にサポートしてくれる会社もありますので、安心して仕事を始められます。

編集部

ただし、会社によって年収やボーナスは大きく異なりますので、会社選びは慎重に行ってください。

「建設業界の知識が無いから自分で見つけるのは不安だな…」という方は、詳しい知識と優良求人を持ち合わせた転職エージェントに相談するとよいです。

稼げる仕事に就く前に知っておくべき3つのこと

稼げる仕事ってなんか落とし穴がありそうで怖いな…

このように考える人もいると思います。

実際のところ、リスクやデメリットが全くないわけではありません。

そこで以下では、「稼げる仕事に就く前に知っておくべきこと」を3つ紹介していきます。

あらかじめリスクやデメリットなどを知っておき、失敗のない仕事を選びを行っていきましょう!

楽して稼げる仕事はない

稼ぎやすい仕事というのは実際ありますが、楽して稼げる仕事というのはありません。

どの仕事でも、一般的な収入より多くを稼ぐためには人並以上の努力と覚悟が必要になります。

ただ、稼ぎやすい仕事というのは、他の仕事よりも努力した分だけ収入に反映されやすいです。

ですから、適当に仕事を選ぶよりも、記事で紹介したような稼げる仕事に就く方が、効率面で優れているといえます。

編集部

たくさん稼ぐことを望む人は、それ相応の努力をする覚悟をもっておきましょう。

「楽ではない」という前提をもっておけば、仕事が辛くなったときでも前向きになれます。

すぐに稼げるようにはならない

基本的に、どのような仕事でもすぐに稼げるようにはなりません。

たとえインセンティブの配当が高い営業であっても、継続的に良い営業成績を残さなければ稼げるようになったとは言えないからです。

また仕事によっては、資格を取得することで収入が上がる場合もあります。
先ほど紹介した施工管理職や介護職などがそれに該当します。

国家資格は簡単に取得できませんから、どうしてもある程度の努力と時間が必要になるのです。

ですが、腰を据えて勉強したり、仕事に打ち込みさえすれば、必ず稼げるようにはなります。

特に、先ほど稼げる仕事として紹介した「エンジニア」「施工管理職」などの仕事は実績が収入に直結しますから、働いた分だけ収入が上がるといっても過言ではありません。

したがって、「すぐに稼げるかどうか」はあまり重要ではなく、「仕事を継続した先に稼げるようになる未来があるかどうか」が重要になるのです。

会社選びが重要になる

稼げる仕事に就きたいのであれば、会社選びにもこだわる必要があります。

なぜなら、稼げる仕事に位置づけされている職業でも、ブラック企業に入ってしまうと稼ぎが少なくなってしまうからです。

たとえ稼げたとしても、過酷な労働を強いられ、心身ともにボロボロになってしまう危険性があります。

ですから、会社選びをする際は下記の3点に気を付けるようにしてください。

・自己分析をしっかりとする
・将来設計に手を抜かない
・転職エージェントを上手く活用する
上記の3つを押さえておけば、会社選びで失敗してしまうリスクを下げることが可能です。

この3つのポイントについては、次章でも詳しく解説していきます。

稼げる仕事に就くまでの3ステップ

稼げる仕事というのは、ただ呆然と就職活動をしても就けない可能性が高いです。

それは前述した通り、会社選びが重要になるためです。

会社選びを間違えば、ただ会社から労働力を搾取されるだけで、お金を稼げたとしても早期退職につながる危険性があります。

しっかりとした会社を選びたい方は、ぜひ以下で紹介する3つのステップを参考にしてみてください。

ステップ1.自己分析をする

まずは自己分析を行います。

「自己分析なんて特に意味はないでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、自己分析をやるのにはちゃんとした理由があります。その理由は下記の通り。

・企業とのミスマッチを防ぐ
・面接対応の質が大きく向上する
・履歴書や職務経歴書で書けることが増える
いずれも、就職・転職において重要な項目です。

特に、企業とのミスマッチを防ぐという点は重要ですし、ブラック企業を避けるといった意味でも必ず役立ちます。

ステップ2.将来設計をする

稼げる仕事に就くうえで、将来設計も非常に重要になります。

それは前述の通り、簡単に稼げる仕事は無く、稼げるようになるまである程度の時間と努力が必要になるためです。

将来設計を行っておけば、稼げるようになるまでの道のりも短くなり、その過程を楽しむこともできるようになります。

また、将来設計を行うことで、

なんでこんな仕事をしてるんだろう
この仕事がやりたいことではなかった

などといった会社とのミスマッチを防ぐことにもつながります。

ステップ3.転職エージェントを活用する

最終ステップは、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントを活用する理由は下記のようなところにあります。

・履歴書や面接対応で不安なところを修正してくれる
稼ぎたいというニーズに合った求人を複数紹介してくれる
・一般に公開されていない求人を持っているため転職を有利に進められる
このようなメリットを活かすことで、稼げる仕事に就ける可能性を飛躍的に上げることができます。

選択肢を多くもつことは、失敗のリスクを下げることにもつながりますから、転職エージェントを上手く活用してみてください。

まとめ

この記事では、稼ぎたい仕事をお探しの方に向け、

・稼げる仕事の特徴
・実施に稼げるとされている仕事
・稼げる仕事に就くための3ステップ
などを紹介してきました。

稼げる仕事というのは実施にありますが、楽をして稼ぐことはできません。

ですが、将来を見据えたとき、仕事ごとに年収差が生じるのは事実としてあります。

編集部

ですから、記事で紹介した『稼げる仕事に就くまでの3ステップ』を活用し、安定的でゆとりのある生活を手に入れてください。
Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?