忘年会に行きたくない!穏便な断り方や行けない理由や対処法5選を徹底解説

会社の忘年会に行きたくないなぁ

カラオケで出し物なんてしたくない

年末が近づくのが憂鬱…

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

編集部

そこで今回は、会社の忘年会に行きたくないと悩んでいる方へ向けて、下記を紹介していきます。
・会社の忘年会に行かなくていい方法
・人間関係を穏便に済ませる断り方
・最終手段は忘年会前に退職するのもアリ
この記事を読むことで、年末に対するモヤモヤの原因を解消することができますよ。

「現状を変えたい」とお考えの方は、ぜひ自分と照らし合わせて最後まで読んでみてください。

会社の忘年会に行かなくていい5つの方法

まずは、忘年会に行かなくていい方法を下記にまとめました。

・コミュニケーションを普段からとる
・自分の仕事はしっかりとこなす
・特定の社内行事には参加する
・お酒の場が苦手と正直に伝える
・社内行事がない会社に転職する
一つずつ紹介していきます。

コミュニケーションを普段から取る

普段から社内の人たちとのコミュニケーションが取れている場合は、あえて忘年会に行く必要はありません。とはいっても、忘年会は普段言えないことが言える貴重な時間となります。

一年間の仕事を振り返り、お世話になった方へのお礼は早めに伝えておくことが大切です。

特定の社内行事には参加する

例えば、歓送迎会だけは参加すると決めることもできます。毎回社内行事を断ることに「気まずい」と考えてしまうのであれば、行く行かないを線引きすることがおすすめです。

忘年会は大人数になることが予想され、参加しても「緊張する」「何を話していいのか分からない」という方もいるでしょう。そのようなときは、行きたくない社内行事は避けて、お世話になっている人たちとの飲み会だけは参加するというように、分けて考えるのも一つの方法です。

お酒の場が苦手と正直に伝える

そもそも、会社の忘年会は義務ではありません。根本的に断ってもいいと認識しましょう。

日本人は、周囲に合わせることが美徳と考える傾向にあるので、断れない方は多いです。

ただ、忘年会に限らず、同じように行きたくないと思う場面は出てきます。毎回ウソをつくのには限界があるのではないでしょうか。時にはお酒の席が苦手と正直に伝えてみることが大切です。

任された仕事は責任を持ってこなす

上記のような正直さは大切ですが、自分の仕事はしっかりと責任を持ってこなす必要はあります。

会社で働く以上、仕事は一人でするものではなく、周囲の協力の上で成り立っていることを忘れはいけません。

日頃から仕事に対して不真面目な人が、忘年会に行く必要はないと、いかにも正論らしく言っても説得力はありませんが、責任ある仕事をこなしてる人は、忘年会に行かないことが理由で評価が下がることはないはずです。

社内行事がない会社に転職する

社内行事がない会社に転職する方法もおすすめです。はじめから社内行事がないということは、断る言い訳を考える必要もありません。

また、社内行事がないことでプライベートの時間が充実し、本来自分がやりたかった趣味や将来に向けた勉強を思う存分楽しむこともできますね。

人間観海を穏便に済ませる3つの断り方

会社の忘年会は、何ヵ月も前から日程を決められている事が多く強制的な印象があるので「断りにくい」「言い訳が見つからない」と悩みますよね。そこで、穏便に済ませる断り方を下記にまとめました。

・家庭の事情で参加できない
・体調不良
・外せない用事と重なっている
一つずつ解説していきます。

家庭の事情で参加できない

まずは、家庭の事情で参加できないと伝えてみましょう

編集部

詳しい事情を話しすぎると、質問されたときに答えられない可能性があるので、断る理由は短めにすることがポイントです。

実際に「家族の体調不良で看病しなければいけない」「ペットの調子が悪くて心配」などといった理由はあり得ますよね。

家庭の事情と伝えると、深く追求されることはないはずです。

体調不良

次に、体調不良も定番の断り方ではないでしょうか。

ただ、インフルエンザや風邪を理由にするのは無理が生じることがあります。伝えた相手が病気が移るのではと心配になるような言い訳はおすすめできません。

体調不良を理由にするときは、日常的にお酒が飲めない体質であることや健康診断の結果が悪かったなど、働いている社員への配慮を忘れないようにしましょう。

外せない用事と重なっている

例えば、習い事やコンサートの日程が重なっていることを理由にすることもできます。

日頃から習い事で忙しいとアピールしておくのもよいでしょう。

「外せない…」と一言添えるだけで、それ以上立ち入ることができない印象が残りますし、角も立ちにくいです。

最終手段は忘年会前に転職するのもアリ

忘年会に限らず「会社を辞めたい」「将来に漠然とした不安を持っている」と悩みを抱えている方は、忘年会前に転職を考えることも一つの手です

新しい仕事へのチャレンジは勇気がいりますが、就業中に転職活動をはじめるとリスクはさほどありません。

エンジニアなら1ヵ月で転職可能!

IT企業の平均的な就職活動は1ヵ月~2ヵ月です。その理由は以下となります。

・IT業界はエンジニアが不足している
・他業種よりも合否結果が早い傾向にある
・能力や経験よりもやる気重視
実際にIT業界未経験者が、就業中に転職活動をはじめて1ヵ月後に内定をもらったケースは珍しくありません。
(参考:リクナビNEXT「就職期間にはどれくらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール」

編集部

就業中から転職活動をはじめると、お金の心配やいつ決まるか分からない不安がないので、気軽にチャレンジすることができます。

将来的に在宅ワークができる

エンジニアのような技術職は、将来的に在宅ワークの可能性が広がります。さらに、どこでも働けるという自信にもつながり、気持ちに余裕を持つこともできるでしょう。

特に女性は、妊娠すると働き方に制限が出てくることが多いですが、手に職をつけることで子どもを育てながら自宅で仕事をすることが可能です

一方で、昨今「ノマドワーカー」と呼ばれる、自由な場所、時間で働く人が増えています。Wi-Fi環境さえ整えば、癒しのBGMが流れるカフェで仕事をすることも夢ではありません。

なお、ノマドワーカーには、エンジニアのような技術職が向いているといわれています。
(参考:NECネットエスアイ

会社を辞めたいと考えながら、我慢して続けることも一つの選択ですが、現在のモヤモヤを解消するためにも、前向きな気持ちで転職活動への一歩を踏み出してみませんか。

まとめ:社内行事がない会社へ転職しよう!

今回は、忘年会などの社内行事に行きたくないと悩みを抱えている方に向けて、

・忘年会に行かなくていい方法
・人間関係を穏便に済ませる断り方
・最終手段は忘年会前に転職するのもアリ
という内容を紹介しました。

会社はやる気ある人を採用したいと考えていますので、チャンスはいくらでもあります。晴れやかな気持ちで年末年始を過ごしたい方は、上記で紹介したエンジニアへの転職を考えてみましょう。

編集部

少しでも興味を持ったら当メディアにぜひ、ご相談ください。
Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?