【体験談あり】職場のきつい女の対処法6選とうまく付き合っていく方法を徹底解説!

職場の上司がきつい女性でしんどい…

なんで私だけこんなにきつく言われるんだろう…?

きつい女性の対処法を知りたい!

このようにお考えではありませんか?

この記事では、職場にいるきつい女性についてお悩みの方に向け、下記を紹介していきます。

・きつい女の特徴
・きつい女上司を黙らせる6つの対処法
・きつい女上司と戦った女性の体験談
記事を読むことで、きつい女性の見分け方と対処法を知ることができます。

以下で紹介する対処法を上手く利用し、今の職場をより働きやすい環境にしていきましょう

きっとあなたにあった対処法が見つかります!

きつい女にありがちな3つの特徴

きつい女の特徴は下記の通りです。

・プライドが高い
・もともと性格が男っぽい
・地球が自分を中心に回っていると思っている
では、それぞれの特徴について見てみましょう。

プライドが高い

プライドが高い女性は、人にきつく当たりやすい傾向にあります。

なぜなら、人に強く当たることで、「自分の方が立場が上だ!」ということを誇示しようとするからです。

また、プライドが高い人は「言い訳されること」や、「提案されること」を嫌うため、部下の立場だと、基本的に何を言ってもきつく反論されます。

ですから、プライドが高い人と接する際は、出された意見に対してとにかく肯定することが大切です。

たとえば、何か意見や提案がある場合は、

「おっしゃっていることはよく分かります。それを踏まえて、私はこうしようと思っているのですが、いかがでしょうか?」

と相手を立てつつ、なるべく下から発言するとよいです。

もともと性格が男っぽい

きつい女性の中には、もともと性格が男っぽい人もいます。

性格が男っぽい人は、元から口調がきつく、語気が強いため、他人から勘違いされやすいです。
したがって、性格が男性っぽい人は、そもそも悪い人ではない可能性があります。

編集部

この特徴を持った人と付き合う際は、女性ではなく、男性だっと思って付き合ってみるとよいです。

たとえば、自分自身もあまり女性っぽさをださず、堂々とした態度でコミュニケーションをとってみてください。

良い感じにバランスがとれて、関係性の改善につながるかもしれません。

地球が自分を中心に回っていると思っている

手を付けられないのが、地球が自分を中心に回っていると思っているタイプの女性です。

このタイプは、基本的に何を言ってもきつく言い返してきますし、付き合い方を変えてもあまり意味はありません。
どのように接しても、こちら側の空回りになってしまう可能性すらもあります。

ですが、全く対処法がないわけではありません。

次章では、このような女性に対抗するための対処法を紹介していきます。

きつい女上司を黙らせる6つの対処法

きつい女上司を黙らせる対処法は下記の通りです。

・関わり方を変えてみる
・完全に無視する
・聞き流して我慢する
・言い方や態度がきついことを伝える
・仕事に打ち込んで黙らせる
・一緒に飲みに行く
先ほど紹介したきつい女性にも通用する対処法となっています。
上手く対処法を利用することで、働きやすい職場環境にすることも可能です!

関わり方を変えてみる

まず一つに、関わり方を変えてみるという対処法があります。

ふつう、気の合う人であれば、どのように関わったとしても疲れたりストレスが溜まったりすることはありません。

ですが、きつい女上司は接し方がきついだけでなく、そもそもあなたとの気が合わないのです。

ですから、まずは関わり方を変え、お互いにとってストレスを感じない関係性を作る必要があります。

編集部

たとえば、今あなたが持っている「この人は嫌いで、私の苦手な人だ」という前提を無しにして関わってみてください。

相手が嫌いだという前提は、相手にも伝わりますので、さらにきつく言われるといった悪循環につながります。

好きだと思う必要はありませんから、まずは嫌いだという前提を一旦なしにして関わってみましょう。

完全に無視する

きつい女上司を完全に無視して、一時的に関係を破壊してしまうのも手段の一つです。

ただこの方法は、きつい女上司が理不尽だと思っている場合にのみ使うことをおすすめします。
「正しいことは言っているけど、ただきついのだけが苦手」という場合は、これ以外の対処法をお試しください。

まず、きつい女上司が何か理不尽できついことを言ってきたら、徹底的に無視します。
この時は目も合わせません。

そうすると、きつい女上司はほぼ確実にキレますので、別の上司が介入してきます。

こうすることで、介入してきた上司が2人の関係を良い方向へ再構築してくれる可能性があります。

そして上司が手助けをしてくれなくても、一度もめごとになったことをきっかけに、きつい女上司が考えを改めるかもしれません。

少し博打的な要素もありますが、今の環境を手っ取り早く変えたい人にはおすすめです。

聞き流して我慢する

すでに実行している人も多いかもしれませんが、聞き流して我慢するという対処法もあります。

「ただ我慢するだけだと精神的にきつい…」という人は、下記を参考にして耐え忍んでみてください。

・「これも仕事のうちだ」と思う
・「かわいそうな人が何か言ってる」と思う
・「どんなに言われても刃物で刺されることはない」と思う
このように考えながら耐え、そして聞き流しましょう。

我慢していれば、きつい女上司が辞めてしまうかもしれませんし、ターゲットがあなた以外の人に向く可能性もあります。

言い方や態度がきついことを伝える

きつい女上司に対し、「言い方や態度がきつい」と、直接伝える対処法もあります。

この対処法は、きつい女上司が無自覚できつく当たっている場合にとても有効です。

きつく言われる方からすると無自覚であれ、たまったものではありませんよね。

ですが中には、チームのノルマなど責任の重いもの任されて、頭に血が上りっぱなしになっている上司もいます。

つまりは、「私が部下の尻を叩かなきゃ!」と躍起になっているわけです。

このような上司の立場を理解したうえで「きつく言われると萎縮してしまって、精神的にとても辛くなります」と伝えてあげましょう。

無自覚なのであれば、きつい女上司も考えを改め、あなたへの態度が変わるかもしれません。

仕事に打ち込んで黙らせる

仕事に打ち込んで結果を出し、何も言われなくするというのも対処法の一つです。

実際、きつい女上司がどうしてあなたにきつく当たっているかは分かりませんが、一般的な理由として多いのは「部下が行っている業務に対して不満を持っているから」です。

つまり、仕事で結果をだすことで上司の不満が解決され、上司からきつく当たられることが無くなる可能性があるのです。

さらに仕事に打ち込めば、会社全体にも認められますから、きつい女上司でもあなたを認めざるを得ない状況になります。

一緒に飲みに行く

「関わり方を変える」と似ていますが、一緒に飲みに行くという対処法もおすすめです。
居酒屋などではなく、会社外でのコミュニケーションをとることができるのであれば、どこでもよいです。

この対処法が効果的な理由は下記の通り。

・会社内での利害関係を取っ払って話せる
・上司が持つ表面以外の部分を知ることができる
要は、「お互い素の状態でコミュニケーションをとってみよう」ということです。

前述の通り、会社内だと「上司らしくしなきゃ」「どうにかしてやる気を出してもらわなきゃ」など、肩に力を入れた状態であなたと接している場合があります。

ですから、会社外でコミュニケーションをとり、本来の上司を見てみるのです。

「あれ、意外と普通の人かも?」と印象がガラリと変わる可能性もあります。

自分から誘いづらい人は社内の誰かに誘ってもらい、2対2で飲みに行くとよいでしょう。

「もう我慢できない…」きつい女上司との体験談

以下にて、きつい女上司と戦った人の体験談を3つ紹介していきます。

ブライダル関係で働く28歳女性
中途で今の仕事(ブライダル関係)に就きました。憧れていた仕事でしたので、最初はとてもワクワクだったのを覚えています。
ところが、教育担当兼直属の上司として私に就いた今の上司のせいで、私が描いていた理想の仕事ライフは終わりました。そもそも仕事をするうえで理想を持つことが愚かだったのかも…なんて考えるほどに気分は落ち込んでいました。地の底にあったと思います。
その上司は言うことなすこときついのはもちろん、言っていることが非常に理不尽でした。結果だけを私に求め、「とにかくやってくれ」「何でそんなことができないの」の繰り返し。毎日ビクビクと怯えながら仕事をしていて、ついには体調を崩しました。
ストレスのせいかどうか分かりませんが、仕事のことを考えるだけで手の震えが止まらなかったです。
薬やカウンセリングを続けたおかげで今は少し落ち着いていますが、今でも上司の声を聞くだけで手の震えが止まらなくなります。
人材コンサルトとして働く25歳女性
会社は全体的に男性が多いのですが、私は女性を専門にコンサルティングする部署であったため、上司も同僚も女性ばかりでした。
同僚とは割と仲良かったのですが、上司に一人だけ、私だけを徹底的に追い込んでくる人がいました。年齢は私のひと回り上になると思います(40歳後半?)。
言い方がきついというのもありましたが、たえず仕事を辞めるように誘導してくるのが一番きつかったです。何が気にくわなかったのかは分かりませんが、執拗に私を目の敵にしていました。
いわゆるお局のような存在かな?と思いましたが、同僚に相談しても今までそんなことは無かったらようです。
理由も分からず対処に困った末、私は鬱になりました。法的措置をとろうかと真剣に考えたこともあります。ですが、体力的にきつく、さらに自分の精神を追い込んでしまうことにつながると思い、訴えるのはやめました。今は退職し、パートでのびのびとやっています。
タウン情報誌の制作会社に勤める24歳の女性
地元の情報誌を制作している会社で勤めています。幹部は男性ばかりなのですが、上司に当たる人は全員女性です。情報誌といってもノルマ(取材人数)があり、毎月外に出ては撮影・取材の繰り返しです。
私の上司はというと、非常に仕事ができる人で最初は尊敬していたのですが、徐々に本性が見えてきました。
驚いたのは、アルバイトで来ている学生(男性)と、私に対する態度や言い方が全く違ったことです。
社員という立場もあるのである程度は仕方ないと思うのですが、あそこまで露骨に違うと人間性を完全に否定されているような気持ちになります。
それに加え、きつい言い方で詰められると、「次失敗したらどうしよう」と考えすぎて、一日のストレスが半端じゃなくなります。当時は会社に行くことさえも本当に怖かったです。
そうして仕事自体が嫌になり、業界ごと変えました。今の職場は男性が多く、これまでの悩みが嘘のようです。少し思い切りが必要でしたが、転職して良かったと心から思っています。
このように、職場の人間関係に悩みを持つ女性はたくさんいます。

「もうこんな職場で働くのは嫌だ」
「人間関係のせいで出勤するのがとても憂鬱…」

とお悩みの方は、転職することも検討してみてください。

体験談にもあったように、職場を変えることで、これまでの悩みが嘘のようになくなることもあります。

編集部

状況的に転職が厳しい人もいるかもしれませんが、現状から脱却したいのであれば、今勇気のある一歩を踏み出してみましょう。

まとめ

この記事では、

・きつい女性の特徴
・きつい女上司の対処法
・きつい女上司と戦った女性の体験談
などを紹介してきました。

きつい女性に対抗するための対処法はあれど、最終的には我慢するか会社を辞めるかの2択です。

我慢さえしていれば、相手が辞めるかもしれませんし、関係が改善されていく可能性もあります。

ですが、我慢することで生じるストレスや不満は日に日に溜まっていきますから、体をこわすことにも繋がりかねません。

命より大切な仕事など絶対にありませんので、あなた自身の体を一番大切にするようにしてください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?