女性が多い職場での人間関係がうまく行かず孤立した時の対処法6選

職場で孤立してしまい悩んでいる

孤立してしまったときどんな行動すれば良いの?

孤立が理由で退職や転職をするのはアリなの?

数ある仕事の悩みの中でももっとも多いのが「人間関係」です。
とくに女性の方で「人間関係がうまくいかず孤立してしまった」というケースも少なくありません。
しかし、「悲しいけど、どう行動すれば良いかわからない」というのが現状かと思います。

そこで本記事では、

女性の人間関係はシビア
孤立してしまったときの対処法
退職・転職しても何も問題ない
を解説します。

たしかに、職場における女性の人間関係は「戦場」ともいえます。孤立してしまったり、ギクシャクした人間関係に気を病んでしまうこともあるかもしれません。でも大丈夫です。

編集部

本記事を読むことで、孤立になってもポジティブでいられる上に、具体的にどのような職場に転職するべきなのかが明確になります

職場の人間関係は女性の方がシビア

職場における女性同士の人間関係はシビアです。グループで行動したり、嫉妬したり、敵・味方を作ったり、、それらが原因で「職場内で孤立してしまう」といった人も多いのです。

職場内のいじめでは「標的になりやすい人」がいる

職場がいじめ体質である会社も少なくありません。女性の人間関係の場合、それが顕著に表れるでしょう。そうした職場内いじめにおいては「標的になりやすい人」がいます。具体的には以下のタイプです。

嫉妬されやすい人
空気の読めない人

嫉妬されやすい人

女性の人間関係がこじれる原因として圧倒的に多いのが「嫉妬」です。とくに周りから嫉妬される女性は要注意。

たとえば「同僚が自分より評価された」「自分より下のはずなのに営業案件を多く獲得した」など、仕事における嫉妬の原因はさまざまです。

社内恋愛においても嫉妬の問題は多いでしょう。たとえば、「同僚が気になっている男性が自分(私)のことを好きになってしまい嫉妬を買っている」といった状況などが考えられます。

「自分に近い人」ほど嫉妬の対象となりやすいのです。逆に「仕事がバリバリできて、美人で、ハイスペックな恋人がいる」といった場合は嫉妬の対象にはなりません。「普通の人」ほど嫉妬されやすくなるのです。

空気の読めない人

男女問わず「空気の読めない人」も標的になりやすいです。たとえば「上司に対してタメ口を使う」「あまり親しくないのに距離感が近い」「周りとズレた発言をする」などがあげられます。

周りと違う行動をしすぎると「あの人空気読めないよね・・」と仲間外れにされやすくなるのです。

職場で孤立してしまったときの対処法

では、職場で孤立してしまったときの対処法について見ていきましょう。
ここでは「マインド編」と「行動編」に分けて対処法をお伝えします。

マインド編

孤立してしまったときは、以下のようなマインドを意識してみましょう。

むしろ孤立したことを喜ぶ
全員から好かれるのは不可能だと考える

むしろ孤立したことを喜ぶ

職場で孤立したことに対して「悲しい、どうして」と思うのは普通のことです。
しかし、それを逆手にとって「面倒な人間関係から解放された」と考えてみましょう。
そうすると、少しポジティブな気持ちになりますよね?

編集部

そもそも自分が関わりたくない人、つまらない飲み会などにも参加しなくて良くなるため、自分の仕事により集中できるようになるはずです。

全員から好かれるのは不可能だと考える

どんなに善良な人でも、実は裏で陰口をいわれているものです。
そもそも会社は「価値観の異なる人間の集まり」といえます。

編集部

もともと考え方や性格の違う人が集まっているのだから、全員から好かれるのは不可能ですよね。

ですので、孤立になったからといって悲観する必要はありません。

行動編

続いて、孤立してしまったときに「どんな行動をすべきか」をお伝えします。

相手を無視する
信頼できる同僚・上司に相談する
思い切って退職してしまう

相手を無視する

人間関係がギクシャクして孤立すると、相手から何か言われることがあるかもしれません。陰湿な嫌がらせをしてくるケースもありません。そんなときは「無視」するのが得策です
売られた喧嘩を買ってやる!というマインドだと、逆に相手を煽ることにつながりかねません。

一人だけでも自分の味方を作る

「社内で孤立した」と思っているのは自分自身だけかもしれません。
実際、思い切って相談してみると、自分の味方になってくれる同僚や上司がいるはずです。味方が一人いるかいないか、によって精神的な負担も大きく変わってくるでしょう。気を重くしすぎないで、まずは相談できそうな人に声をかけてみることが大切です。

思い切って退職してしまう

嫌な職場を無理に続ける義務はありません。
辛かったら思い切って退職してしまっても良いでしょう
人間関係ごときで精神を病んでしまってはいけません。環境が変われば人間関係も変わるため、「いつでも辞めてやる」くらいの気持ちでいると気も楽になるはずです。

退職・転職も視野に入れよう

お伝えしたように、今の環境に耐える義務などありません。辛かったら辞めても良いのです。

人間関係が理由で退職した人の体験談(25歳女性)

東京都内の大学を卒業し、新卒社員として美容関係の商品・サービスを提供している会社に入社しました。22歳で入社して3年弱続けましたが、入社2年目すぐくらいから職場の人間関係がギクシャクし、ついに退職。女性の多い職場だったので、嫉妬による陰口や悪口が多く、つねに居心地が悪かったです。私は仕事に集中したかったので、誰かの陰口を言うようなノリが嫌いでした。しかし、そのような私の態度が気に食わなかったのか、女子グループに目をつけられ、無視されたり面と向かって嫌味を言われたりするように。このままこの職場を続けてもらちが開かないと思い、退職しました。男性の多い職場に転職しましたが、今は良好な人間関係を築けています。

「男性の多い職場」への転職がオススメ

もし転職するのなら「男性の多い職場」がオススメ。男性の人間関係は比較的ドライなため、女性ならではのギクシャクした人間関係に巻き込まれないで済むでしょう。

また、男性の多い会社にとって女性社員は大切にされやすいです。
なぜなら、近年においては国をあげて女性活躍推進の取り組みがされている影響で、男性比率の高い会社にとって女性社員を獲得するのは容易ではないのです。

貴重な存在であるため会社からも大切にされやすくなります。

男性の多い職場で働くメリットについてはこちらの記事もご参考ください。

とくに「IT業界」への転職がオススメ

男性の多い職場のなかでも「IT業界」がオススメです。

IT業界は基本的に男性が多く、今後ますます需要が伸びていくことが予想できます。システムエンジニアなど初心者でも教育制度が充実している会社が多いため、転職もしやすいのが特徴です。

編集部

また、IT業界で務める男性の特徴をキャラ別にご紹介している記事もあるので、ぜひ参考にして見てください!

まとめ

本記事では、職場で孤立してしまったときの対処法についてお伝えしてきました。

たとえ孤立しても、「面倒な人間関係から解放された」と考えると気が楽になります。

ただし、それだけでは改善されないこともあるでしょう。その場合、退職・転職をしてしまうのも有効な選択です。

編集部

ぜひ本記事でお伝えした内容を、自身の人間関係改善、あるいは退職・転職にお役立てください。
Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?