ゆるく働きたい!辛い仕事はしたくない方に向けてゆるく働ける仕事の特徴をご紹介

ゆるく働きたい

もうバタバタとした毎日を過ごすのが嫌だ

残業ばっかりで疲れたから、ゆっくり自分のペースで働きたい

このようにお考えではありませんか?

この記事では、「ゆるく働きたい」という方に向け、下記を紹介していきます。

・ゆるい仕事の特徴
・ゆるく働くことのメリット
・ゆるく働きたい人におすすめの仕事
記事を読むことで、ゆるい仕事と、ゆるい仕事の見つけ方を知ることができます。

編集部

ゆるく働くことで日々のストレスを低減し、幸福度の高い豊かな人生を手に入れましょう。

ブラック企業を回避!ゆるい仕事に共通する3つの特徴

以下では、ブラック企業を回避するために知っておきたい、「ゆるい仕事に共通する3つの特徴」を紹介していきます。

編集部

ゆるく働ける会社とブラック企業を上手く見分け、失敗のない会社選びを行っていきましょう。

補佐的な立ち回りの仕事

補佐的な立ち回りの仕事は、比較的ゆるく働ける可能性が高いです。

補佐的な立ち回りの仕事とは、たとえば、事務職や電話でサポートを行う仕事などです。
一方で、営業職やサービス職などの仕事は激務である場合が多い傾向にあります。

仕事選びに迷った際は、補佐的な立ち回りの範囲で、あなた自身にできそうなことを探してみるとよいでしょう。

ルーティンワークの要素が強い

ルーティンワークの要素が強い仕事も、他の職種と比べてゆるい傾向にあります。

なぜなら、ルーティンワークの要素が強い仕事というのは、人員の育成にコストや時間がそれほどかからないからです。

ただし、ルーティンワーク系の仕事は人員の補充がしやすいため、長く仕事を続けていくのは難しいかもしれません。

ですから、ルーティンワークの要素がありながらも、専門的な知識を身に着けられる仕事がおすすめです。

たとえば、IT事務職であれば、事務職の仕事をこなしながらもITのスキルが身につきます。
スキルを身に付けられる仕事であれば、ゆるく働きながらも確実にキャリアを積み上げていくことが可能です。

口コミからもゆるい感じが伝わってくる

会社選びをする際は、会社の口コミをしっかりと確認するようにしましょう。

「定時には退社できていた」「暇な時間が割とあった」などの口コミがあれば、ゆるく働ける会社である確率は高いです。

ただし、口コミは情報が古かったり、実際の社員の口コミではない可能性があります。

ですから、口コミを参考にする際は日付や内容をよく見ることが大切です。

編集部

正確な情報を参考にしたいのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントに相談することで、会社の風土や人間関係に至るまで、詳しく知ることが可能です。

ゆるくない会社で働くことのデメリット

ゆるくない会社で働くのには下記のようなデメリットがあります。

・毎日ノルマのことを考えながら仕事に追われる
・終電まで残業が続いて心身ともに疲れる
・人間関係がギスギスしている
以下では、それぞれのデメリットについて解説していきます。

毎日ノルマのことを考えながら仕事に追われる

仕事にノルマがあると、ゆるく働くことは一気に難しくなります。

そして、毎日ノルマのことを考えることになるため、仕事中に気を抜くこともできません。

もっと言うと、ノルマの締切日の近くには、休日や仕事終わりなどでもノルマについて考えこんでしまうことがあります。

会社によってはノルマが達成できないからといって、休日出勤を要請してくる場合もあるでしょう。

ノルマを達成することで報酬を得られる場合もありますが、その分体に与えるストレスも大きくなるのです。

終電まで残業が続いて心身ともに疲れる

ゆるくない会社に残業はつきものです。
残業が多くなると、終電のギリギリまで働いてクタクタになって帰るような毎日が続きます。

帰宅が遅くなると寝る時間も必然的に遅くなりますから、睡眠時間もかなり削られます。

そして睡眠時間が削られると、通常のパフォーマンスも著しく低下し、業務に支障をきたすのです。

普段の業務が遅くなると、さらに仕事量が増す…そんな悪循環も生まれます。

人間関係がギスギスしている

キツいノルマがあったり、残業が多いと人間関係もギスギスしてきます。
特に、ノルマがある会社の人間関係はギスギスしやすいです。

基本的にノルマはチームごとに与えられますから、一人がノルマを達成できないと他の誰かに迷惑をかけます。

そして最終的に責任をとるのが上司になるため、ノルマが達成できないことで怒鳴られることもあるでしょう。

社会人になって人に怒鳴られるというのは、精神的にキツいものがありますし、とても情けない気持ちになります。

こういったことから人間関係が悪くなり、職場したいと考え始める人も非常に多いです。

我慢して耐えることも時には大切ですが、精神的な苦痛が引き金となり命を落とす人もいます。

人の体や命以上に大切な仕事なんてありません。

編集部

ですから、「ちょっと仕事キツいな…」と思った際は、転職することも選択肢の一つとして持ってみてください。

ゆるく働くことのメリット

一方、ゆるく働くことには下記のようなメリットがあります。

・プライベートを充実させることができる
・日々のストレスが少なく幸福度が高い
・稼ぎたいと思ったときは副業をしながら稼げる
それでは詳しく見ていきましょう。

プライベートを充実させることができる

ゆるく働ける職場は定時に上がれることがほとんどですから、時間にもゆとりが生まれます。

土日出勤もないため、プライベートの時間をしっかりと確保することが可能です。

「土日出勤がない」「定時に上がられる」など、一見すると当たり前のことのように思えますが、そうでない会社が多いのは事実としてあります。

ですから、友達との飲み会や自分の趣味など、休日で色々なことを楽しめるというのは、ゆるい会社で働く人の大きなメリットであるといえるでしょう。

日々のストレスが少なく幸福度が高い

ゆるい会社で働くと、日々のストレスが少なくなり、幸福度が上昇します。

たとえば、ゆるい会社で働くことで、下記のようなストレスから解放されます。

・人間関係でギスギスすることがない
・上司から怒鳴られたりすることがない
・サービス残業にイライラすることがない
このように、ゆるい会社で働くとストレスがかなり低減されます

ストレスが少ないだけで人は幸福を感じられますから、人生そのものが豊かになるといっても過言ではありません。

稼ぎたいと思ったときは副業をしながら稼げる

「ゆるく働くと給与が少なくなるのではないか?」と思う方もいると思います。

ですが安心してください。
稼ぎたいと思った時は、副業を始めることで減った分の収入を補うことができます。

最近では、自宅でできるアルバイトもたくさんありますから、好きな時に好きな分だけ働けばよいのです。

会社で稼ぐとなると、残業をする必要があったりしますが、副業は時間に縛られることなく自由に働けます。

さらには、副業で身に付けた知識を本業で活かしたり、更なるキャリアアップにつなげることも可能です。

ゆるく働くなら事務職がおすすめ!

編集部

ゆるく働きたいと考える人には、ズバリ事務職がおすすめです。

事務職は未経験からでも始めることができますし、他の職種より安定しています。

次に、事務職で働くメリットについて見てみましょう。

本当にゆるく働ける?事務職で働くメリットとは

事務職で働くメリットは下記の通りです。

・定時に終わる可能性が高い
作業効率を高めていけば1日の仕事量も少なく感じられる
・ルーティンワークが多く、大変だと感じるような仕事が少ない
事務職は上記のようなメリットがあるため、他の職種よりもゆるく働くことができるのです。

また、ITなどの専門的な知識を身に付けることで、キャリアアップも可能となっています。

編集部

ですから、「ゆっくりと勉強しながら仕事をしたい」という人にも事務職がおすすめです。

まとめ

この記事では、「ゆるく働きたい」とお考えの方に向け、

・ゆるく働ける会社の特徴
・ゆるい仕事で働くメリット
・事務職がゆるく働ける理由
などについて詳しく紹介してきました。

最近は「働き方改革」「副業解禁」などの流れもあり、働く側の環境も少しずつ良くなっています。

あなたもこの波に乗り、自分自身が働きやすいと思える環境を探してみてはいかがでしょうか。

ゆるく働ける仕事につければ、ストレスも少なく、幸福で豊かな人生を送ることができます。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?