テレアポ営業がきつい!3つの改善方法オススメの転職先を徹底解説

テレアポ営業がきつい…

テレアポ営業できついと感じた時の対処法を知りたい

今のストレスや不安を解消する方法ってあるのかな?

このようにお考えではありませんか?

この記事では、「テレアポ営業がきつくて限界かも…」とお悩みの方に向け、下記を紹介・解説していきます。

・テレアポ営業がきついと感じる時の対処法
・今の職場から転職することのメリット
・テレアポ営業から他職種へ転職した人の体験談
記事を読むことで、テレアポ営業のストレスから解放される術を知ることができます。

編集部

自分自身に合った働き方を見出し、楽しく働くことで人生そのものを充実させていきましょう!

テレアポ営業のきついと感じる時とその対処法

テレアポ営業は過酷な仕事であるため、「きつい…」と思うことも多いです。

そこで以下では、テレアポ営業できついと感じる時と対処法を紹介していきます。

きついことが続き、仕事を続ける自信が無くなってきた方はぜひ参考にしてみてください。

ノルマがきつい

テレアポ営業は、見込み顧客に電話をかけ続けます。

そして会社によってはノルマがありますから、一日中その数字を追うことになります。

ルート営業であればアポを取得できる確率は高いですが、テレアポ営業はあくまで見込み顧客に対する営業になるため、成功率がかなり低いです。

具体的に言うと成功率は1~5%程度になるため、一日かけても3~5件程度が限界で、一日中かけて0件という日もあります。

そして、ノルマが達成できないと上司に怒られることもあり、自分自身を否定されたような気持ちになるのが辛いところです。

対処法として、ノルマ達成のためには、成功率の高い先輩の営業トークを聞いたり、細かなコツを聞いたりすることが大切です。

営業トークを録音したテープはいつでも聞けると思うので、先輩には成功率UPのコツを直接を聞くようにしましょう。

ただ表面的な想いで聞いても先輩は教えてくれない可能性がありますから、しっかりとコミュニケーションをとった上で真剣に聞くとよいです。

体力的にきつい

テレアポ営業は、体力的にきついという面もあります。

テレアポ営業の成功率が数%だとした場合、一日に最低でも100件は電話をかけなければいけません。
たとえば、1件あたりの平均会話時間が3分として、100件かけたとすると300分(5時間)になります。

いくら座っている状態とはいえ、5時間もの間に電話し続けるというのはかなりきついです。
首のこり、腰痛など、体にも様々な悪影響を与えます。

このように体力面できつさを感じる人は、日ごろのケアを大切にするとよいです。

整体院やリラクゼーションサロンなど、体のケアを定期的に行うことで、身体的なきつさはかなり改善されます。

ジムに通って体を鍛え、もともとの体力を底上げするという方法もありです。

編集部

体は大切な資本ですから、これから先のことを考えたうえでしっかりとケアを行っていきましょう。

お客様からきつくいわれる

テレアポ営業をしていると、お客様からきつく言われることも多いです。

「全然興味ない」「しつこい!」など、心無い言葉をぶつけられた人も当然いることでしょう。
電話越しということで気が強くなり、強い口調で当たってくる人はどうしてもいるのです。

きつく言われることに対しては、2つの対処法があります。

まず一つは、心無い言葉をぶつけられるのは自分に原因があると考え、テレアポの質を上げることです。

たとえば、「ハキハキとした口調で喋る」「クッション言葉を多めにつかう」「気遣いを感じさせる言動を忘れない」など、改善できるポイントはたくさんあります。

二つ目は、お客様に感謝することです。

たとえば、あなたはお仕事という名目でお客様にかけていますが、お客様からすれば大切な時間をあなたのために使うことになります。

そう考えると、怒られることや、イライラされることも仕方ないと思えてきませんか?
ですから、「大切な時間をくれてありがとう」という気持ちを自分の中でしっかりと持っておくのです。

こういった感謝の気持ちを持ってお客様に対応することで、お客様からの対応も変わりますし、あなた自身の心の持ちようも変わります。

ルーティンワークの仕事がきつい

テレアポ営業は、「電話をかけては同じことを喋り、断られてはまた同じように電話をかける」この一連の流れを繰り返します。

単純作業が続くため、体力面はもちろん、精神的な苦痛も積み上がっていきます。

仕事が終わっても、「これをまた明日もやるのか…」と憂鬱になることもあるでしょう。

このようなルーティンワークにきつさを感じる人は、自分なりの変化をつけて仕事を楽しむという対処法があります。

テレアポ営業で結果をだす人は、比較的に自分独自の喋り方を持っているケースが多いです。

ですから、あなたも自分なりの喋り方を模索し、検証と改善を重ねながらテレアポを繰り返してみてください。
反応が良かった言い回しやセールストークをメモしておき、どんどんブラッシュアップしていくイメージです。

すると、自分独自の成功パターンが生まれ、ノルマも達成しやすくなります。

テレアポ営業に向いていないと思ったら転職するのも一つの手段

人には向き不向きがありますから、テレアポ営業ばかりを続ける必要は全くありません。

一度テレアポを経験し、自分の中で「向いていないな」と思ったらのであれば、転職すればよいのです。

テレアポ営業は世の中にたくさんある仕事の中でも「きつい」「過酷」と言われています。

ですから、わざわざ自分に向いていないと思う仕事を、無理して続ける必要は全く無いのです。

テレアポ営業で培った過酷な経験は、必ず次の職場でも活かすことができます。

転職するなら事務職がおすすめ!

様々な転職先がありますが、テレアポ営業の経験がある方には事務職がおすすめです。

なぜなら、事務職はテレアポ営業の経験を活かすことができるうえに、テレアポのような過酷さが一切ないからです。

以下では、さらに詳しく事務職が転職先としておすすめなポイントを紹介していきます。

事務職が営業より楽な3つのポイント

事務職とテレアポ営業を比べると、事務職の方が楽なポイントが3つあります、

以下では、その3つのポイントについて詳しく解説していきます。

事務職にはノルマが無い

まず、事務職にはノルマがありません。

そのため、仕事をしながら「今日ノルマ達成できなかったらどうしよう」などというように思い悩む必要がなくなります。

時間内にきっちりと仕事をすれば、他者から文句をいわれることもないのです。

仕事をする上で プレッシャーが無い

事務職は、テレアポ営業のようなプレッシャーを感じることがありません。

たとえば、テレアポ営業は周りの同僚がテレアポに成功すると「私だけ成功できていない…」と焦り、プレッシャーを感じます。

ですが、事務職は他の同僚と手を取り合い、協力していく仕事であるため、テレアポで感じるようなプレッシャーを全く感じないのです。

そのため、自分のペースで悠々自適に仕事をすることができます。

嫌がる相手と対話する必要が無い

事務職では、嫌がる相手と対話する必要がないため、精神的にとても楽です。

たとえば、事務職でもテレアポ営業のように「電話対応」「お茶出し」などといったお客様対応をすることがあります。

ですが、これらは相手側から望んで生まれているコミュニケーションであるため、心無い言葉をぶつけられる心配がありません。

むしろ取引先ということもあるので、丁重に対応してもらえます。

テレアポ営業から事務職へ転職するメリット

テレアポ営業から事務職へ転職するメリットは下記の通りです。

・自分のペースで仕事ができる
・やりがいをもって仕事ができる
・希望すればキャリアアップもできる
それぞれのメリットについて見ていきましょう。

自分のペースで仕事ができる

まず、事務職はテレアポ営業と違い、自分のペースで仕事を進めることができます。

テレアポ営業は限られた時間の中で、数百件という電話をかけなければいけないため、手を休めることなく仕事を続ける必要があります。

ですが、事務職はそういった時間制限がほとんどありませんから、自分が定めたペースで仕事を進めていくことができるのです。

やりがいをもって仕事ができる

事務職は、会社全体のサポートをするお仕事であるため、やりがいを持って仕事をすることができます。

テレアポ営業にもやりがいはありますが、望まれない相手とのやり取りが続くと、自分への自信もなくなり、やりがいも次第に持てなくなるものです。

その点、事務職は仕事の一つ一つが会社や社員のサポートになりますから、自然とやりがいを持つことができます。

やりがいのある仕事をしていると自信もつくため、自己肯定感が上がり、人生そのものが楽しめるようになります。

希望すればキャリアアップもできる

事務職は、希望すればキャリアアップも可能です。

ただし、キャリアアップするためには「専門性の高い知識やスキル」「他業種での経験」などが必要になります。

「他業種での経験」というのは、テレアポ営業も含まれますから、これまでの経験が無駄になることはありません。

事務職をやってみて自分に合うようだと感じたら、積極的にキャリアアップをしてみましょう。

テレアポ営業から事務職に転職した方の体験談

以下では、実際にテレアポ営業から事務職に転職した人の体験談を紹介していきます。

(家電製品のテレアポ営業から事務職に転職した25歳の女性)
私は、家電製品を販売する会社のテレアポ営業をしていました。
色々ありましたが、よくきついと感じていたのは、電話をして何も話していないのに「うちの家には必要ありませんので」とガチャ切りされたり、「電話営業なんて今の時代古い」みたいな説教を受けたことですね。
その中でも個人的に一番こたえたのは、昼間の電話で「夕方ごろにかけ直してほしい」といわれかけ直すと、「何回電話かけてくるの?しつこい」と説教されたことでした。「部長以上の人出せ」とまで言われた時には頭が真っ白になりましたね。
極めつけは(あるあるかもですが)、「電話なんてしてこないで、姉ちゃん(多分私)がうちに来て営業しいや」と言われたこと。この時、電話をぶん投げる衝動を押さえ込み、転職を決意しました。
そうして事務職に転職したのですが、私からすれば今の職場は本当に天国とも言える環境です。同僚同士でギスギスしたりすることもなく、電話対応はあれど、前職と立場は反対なのでとても気持ちが楽です。もともと人と話すことは好きだったので、今の仕事に向いているんだろうな~と仕事しながら常々思っています。ほんと、転職してよかった…
(防犯グッズのテレアポ営業から事務職に転職した28歳の女性)
防犯グッズのテレアポ営業をしていました。
お客様からすると、営業電話なんてめんどくさいだけなので、邪険に扱いたくなる気持ちも分かります。だからと言って、なんでこんな酷いことを言われなきゃいけないの?と日々思っていました。精神的にかなりきつかったです。
私の職場にはノルマがないため、自分から積極的にセールストークをすることはありませんでした。なので、最初の声のトーンを聞いて「イラついてるな」と思ったり、「なんか急いでるな」と思ったら早めに切ろうともしていました。
それなのに、私が話している途中にガチャ切りされたり、「なんでそんな仕事をしてるの?」みたいな嫌な質問されたりすることが続きました。正直、人として終わってるやつばっかりだな。と思ったことも何度かあります。
「テレアポは件数が大事」と上司から言われるため、何回も何回も繰り返して電話するのですが、それだけでは成約に繋がる気が全くしません。そして段々イラつく気持ちの切り替えができなくなってきて、次第に転職を考え始めるようになりました。
転職先を決める時、とにかく営業は嫌だったため、その対極にある事務職を選びました。これが正解だったようで、今はこれまでのストレスが嘘だったかのような気持ちで仕事ができています。
前職はノルマがない分給与も低かったので、今の事務のお仕事と大差ありません。どちらかと言うと少しテレアポ営業の方が給与は高いのですが、全く気になりません。
今テレアポ営業をしていて苦しんでいる方にも、別の道へ踏み出す勇気をもってほしいです。
(新卒でテレアポ営業に就職してすぐに事務職に転職した24歳の女性)
テレアポ営業の会社は4月に新卒として入社しました。実務がはじまって初日には辞めたいと思ったのですが、さすがに早すぎると思い、グッとこらえていました。
家の固定電話にかける仕事で、断れることがとにかく多かったです。すると、「うちは大丈夫」という優しい断られ方も、次第に「お前から売られる必要はない」と言われているように感じ始めました。それほど追い込まれていたんだと思います。
実際、電話営業で売り込まれるものなんていらないだろうし、今こうしている自分は誰のために役立っているんだろう…と考えることも増えてきました。
朝の出勤中、電車のドアが自分の前で閉まると、私だけが電車から拒絶されたから閉まったんだ。みたいな考えが本当に止まりませんでした。
ある日、仕事のことを考えると涙がでてきて、そのままそのことを親に相談しました。「石の上にも三年」とか言われると思ったのですが、意外にも「すぐ転職しなさい」と言われたんです。結果的にそれがきっかけで転職しました。
転職先に選んだのは母から勧められた事務職でした。事務職に転職したからというもの、ストレスが原因でできたのであろう指の発疹も消えました。きついと感じることもありますが、以前よりポジティブな気持ちで仕事ができています。
会社や社員さんの役に立てていることを実感しながら仕事ができるのは、自分の中で一番嬉しいです。

やはり、精神的な苦痛に耐えかねて転職を決意する人は多いようです。

今お悩みの方も、決して無理をしてはいけません。

編集部

心身の限界を感じたら、別の道へと進む一歩を大切にしてください。

まとめ

この記事では、テレアポ営業をしている方に向け

・テレアポ営業がきついと感じたときの対処法
・事務職で仕事することのメリット
・テレアポ営業から事務職へ転職した人の体験談
などを紹介してきました。

テレアポ営業は、向き・不向きが顕著に表れるお仕事です。

編集部

ですから、自分に向いていないと感じた方は無理をせず、別の仕事を選ぶことも視野に入れてみてください。

自分に合った仕事を選ぶことで、ストレス無く、楽しい気持ちで仕事をすることができます。

仕事が充実すれば、プライベートも今まで以上に楽しむことができるでしょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?