公務員や市役所が激務で辞めたい!転職を失敗しないための必勝法を徹底解説

公務員として働いているが仕事がきつい

職場の上下関係や割に合わない給料に悩んでいる

転職も視野に入れている

リストラの心配もほとんどないこと、勤続すると給料が上がることなどから「安定」といわれる公務員。
そのような「安定」を求めて公務員になったものの、「思ってたよりしんどい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、

公務員がきついと感じる時の対処法
本当につらいときは転職を視野に入れるのもアリ
転職には「事務職」がおすすめ
について解説します。

この記事を読むことで、少しは公務員のつらさを和らげられるはず。

編集部

ぜひ本記事の内容を、自身の仕事に対するモチベーション向上にお役立てください。

公務員がきついと感じる時と対処法事例

では、実際にどのような場面で「公務員はきつい」と感じるのでしょうか。
具体的な場面と対処法をお伝えします。

職場の上下関係が厳しくてつらい

公務員は「年功序列」が根強く残っている仕事といわれています。

年齢を重ねるほど役職や給料も上がっていく年功序列。
しかし、その制度を口実に、上司が若い社員にパワハラやモラハラをしているといったケースもあります。

その他にも職場の人間関係で揉めるケースは多いです。
上下関係が厳しいことに「きつい」と感じる人も少なくありません。

【対処法】信頼できる人に相談

職場の上下関係に悩んでいる場合は、信頼できる人に相談するのが良いでしょう。

なかでも信頼できる先輩がオススメ。
親身になって話を聞いてくれる上に、後輩の抱える問題を解決してあげようと耳を傾けてくれるはずです。

仮に社内でも影響力のある先輩に相談できれば、それを社内問題として取り上げられ、パワハラやモラハラの解決につながることもあるでしょう。

ハードワークの割に給料が低い

公務員には「安定」という魅力がありますが、ハードワークの割に給料が低いという声も少なくありません。

勤務先によっては残業当たり前、土日出勤当たり前といったところも。

たしかに給料は安泰ですが、仕事量の割には…と感じる人も多いのです。

【対処法】成長できるチャンスと捉える

公務員は年功序列が根強く残っているため、簡単に昇進や昇給かできません。
そのため、仕事内容がきつい場合は「成長できるチャンス」と捉えて踏ん張ってみましょう。

空き時間を使うのもオススメです。

編集部

例えばワードやエクセルを勉強したり、公務員の仕事に役立つ資格を勉強したり、できることはたくさんあるでしょう。

理不尽なクレームが多くて精神的に疲れる

たとえば市役所勤務であれば、老若男女に関係なく窓口にやってきます。
そこで理不尽なクレームを言われ、精神的に疲れてしまう人も多いのです。

【対処法】仕事だと割り切って対応する

理不尽なクレームを言われたときは、「これは仕事なんだ」と割り切って対応しましょう。
マニュアル通りに動いた結果クレームを言われたのであれば仕方がありません。

あなたは業務を全うしたのですから、それ以上も以下もないのです。

編集部

お客さんにクレームを言われたからといって、何でもかんでも自分のせいだと思わずにポジティブになりましょう。

公務員がきついなら「事務職」への転職がオススメ

公務員の人間関係や業務内容があまりにきつくてもう耐えられない、という方は「事務職」への転職がオススメです。

編集部

ここでは「事務職が楽な理由」や「事務職へ転職することのメリット」をお伝えします。

公務員と比べて事務職が楽な理由

公務員と比べて事務職が楽な理由には、以下の2つがあげられます。

年功序列の考え方に偏っていない
残業が少ないためプライベートを確保しやすい

理由1. 年功序列の考え方に偏っていない

会社の事務職は「民間企業」に該当するため、公務員のような「年上が偉い」「年上だから給料が高い」といった年功序列の考え方は根付いていません。

そのため、職場の人間関係や給料についての悩みも軽減されるでしょう。
民間企業であれば、「新入社員でも結果を出せば昇進・昇給できる」といった可能性も高くなります。

理由2. 残業が少ないためプライベートを確保しやすい

事務職は、基本的に「定時上がり」としているケースが多いです。
デスクワークがメインになるため、自分のタスクさえ終わらせてしまえば定時で帰ることができます。

毎日帰宅する時間が定まっているとスケジュールも組みやすいでしょう。

編集部

家族との時間や自分の趣味をもっと大切にしたいという方は、なおさら事務職への転職がオススメです。

公務員から事務職へ転職するメリット

続いて、公務員から事務職へ転職するメリットを見ていきましょう。
具体的には以下のようなメリットがあげられます。

良好な人間関係を築きやすい
努力次第でスピード昇進が可能

メリット1. 良好な人間関係を築きやすい

公務員だと、上司からの風当たりが強かったり、人間関係が固定化されていたりと、年功序列が根強く残っています。

その反面、事務職における人間関係は安定しています。
さまざまな年代の社員が働いているため、一人ひとりの価値観も受け入れられやすいのです。

メリット2. 努力次第でスピード昇進が可能

何年何十年と勤続しなければ給料の上がらない公務員と比べ、事務職は努力次第でスピード昇進が可能です。

一概に事務といっても、資料作成だったり、データ入力だったりとさまざまな案件の仕事が振られます。
パソコンスキルを身につけて結果を出すことで、比較的早く昇進できるでしょう。

公務員から事務職に転職した人の体験談

それでは最後に、公務員から事務職に転職した人の体験談を見ていきましょう。

体験談①(26歳・男性)

大学を卒業後そのまま地方の市役所へ入り、3年ほど続けました。
自分も当初は「公務員=仕事が楽」と思っていましたが、決してそうではありませんでした。

たしかに給料は安定していましたが、上司との人間関係がつらい、土日出勤があるなど、
予想していた「公務員」という仕事とは違ったんです。

そこで思いきって転職を決意。昨年、一般企業の事務職として働きはじめました。

入社後というもの、公務員よりも良い環境で働いています。
人間関係もフラットですし、自分のタスクさえ終われば定時帰宅できます。
転職して良かったと思っています。

体験談②(23歳・女性)

高卒でそのまま地方公務員になりました。

いちばん辛かったのは「お客さんからのクレーム対応」です。

やはり窓口には老若男女に関係なくさまざまなお客さんが来ます。
若い自分に対して容赦なくクレームをぶつけてきて、正直精神的なダメージが大きかったです。
それに耐える毎日が辛くて、思いきって事務職への転職を決意。

たしかにお客さんへの電話対応もありますが、公務員の窓口ほどきついクレームを言われることはありません。
精神が擦り減ることもないので、かなり楽です。

まとめ

本記事では、公務員がきついと感じた時の対処法についてお伝えしました。

「安定」といわれる公務員ですが、実は人間関係がギクシャクしていたり、意外と給料が低かったりと、
イメージと違う部分も多いのです。

きついことも「成長するためのきっかけ」と捉えると少しは気が楽になるでしょう。
しかし、本当につらかったら転職するのもアリです。

ご紹介したように「事務職」への転職によって、仕事への満足度が高まったという事例もあります。

編集部

ぜひ転職も視野に入れつつ、今の仕事を続けてみましょう。
Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?