仕事がキツい時の対処法を徹底解説!仕事がキツいのに続けるのが良くない理由も紹介

最近仕事がキツイと思うことが多い

このままだと精神的に辛い

会社を続けるべきかどうかわからない

労働時間や人間関係などの理由から「仕事がキツイ」と思っている人は少なくありません。
しかし、キツさに耐えながら働き続けることは、精神に大きな負担を与えてしまいます。

そこで本記事では、

仕事がキツイと感じるときと対処法
仕事がキツイことが及ぼす悪影響
転職することのメリット
について解説します。

本記事を読んでいるあなたは今、仕事のキツさに耐えて働き続けているかと思います。
しかし、「今の仕事を続けなければならない」という義務はありません

編集部

本記事を読むことで、少しでも今のつらさが和らいだり、転職への第一歩を踏み出せたりと、「仕事がキツイ」から抜け出すことができますよ。

仕事がキツイと感じるとき3選

まずは、どんなときに「仕事がキツイ」と思うのか見ていきましょう。
また、それぞれの対処法についても解説していきます。

長時間労働のわりに給料が低い

仕事がキツイと思うきっかけとして「長時間労働」があげられます。

「17時で上がれるはずなのに毎日21時ごろまで残業がある」や「土日出勤が多い」など、プライベートな時間が削られると精神的に疲弊してしまします。

さらに、「労働時間に給料が見合っていない」という状況だと、ますます仕事へのモチベーションが下がってしまいますよね。

対処法:仕事の生産性を上げる工夫をする

もし仕事が終わらなくて毎日残業している状況なら、「仕事の生産性」を上げる工夫をしてみましょう。

たとえば、「移動時間に今日のタスクをリスト化する」や「資料作成はソフトを使って効率化する」など、優先順位を考えて業務効率を上げることを考えてみてください。

ただ拘束時間が長く、物理的に長時間労働をせざるを得ないケースもあります。
働きすぎて体調を崩してしまう人も多いです。

編集部

あまりに長時間労働が続くようであれば、転職も検討しましょう。

上司からのハラスメントがある

パワハラ、モラハラ、セクハラといった上司からのハラスメントも「仕事がキツイ」と思う大きな理由としてあげられます。

事実、「上司との人間関係がうまくいかない」という人は多いです。

誰しも、理不尽な理由で怒られると精神的に疲弊してしまいます。

編集部

これは100%上司が悪いので、自分の中で抱え込む必要はありません。

対処法:信頼できる同僚や先輩に相談する

上司からのハラスメントがある場合は、まず信頼できる同僚や先輩に相談してみましょう。正直に打ち明けることで、少なからず気持ちは楽になります。
もしかすると同僚や先輩も同じような思いをしているかもしれません。

ハラスメントに関しては上司に100%の非があります。

編集部

まずは仲間を作って、転職や退職、会社への直談判など、今後どうしていくか考えましょう。

将来性が見込めない

業務内容は楽だけど将来性が見込めない」という理由で仕事がキツイと思う人も少なくありません。

将来性が見込めない=自己成長につながらない、とも捉えることができます。

たとえば、製造業における梱包や仕分け、パソコンでの入力作業など単純作業を繰り返す仕事などです。これらの仕事は手に職が付けられないため、「将来AIに仕事を奪われてしまうのではないか」という不安もありますよね。

また、単純作業は「つまらない」と思ってしまう上に、スキルアップしにくいのが現状です。今の仕事への将来性に少しでも疑問を感じたら、今の環境から抜け出すことを考えましょう。

対処法:転職の情報を集める

仕事への将来性が見込めない場合は、転職を視野に入れるのがオススメです。
自分に裁量を与えてくれる会社や市場が伸びているIT業界など、自己成長が望める分野への転職を考えてみましょう。

またIT業界では、未経験者でも積極的に採用をおこなっています。初心者でもスキルアップができるよう教育制度が充実している会社も多いため、頑張り次第で、未経験でもバリバリ稼げるようになります。

「仕事がキツイ」と思った時点で、すぐに転職の情報を集めるのが吉。

編集部

転職サイトを使ったり、転職した知り合いから話を聞いたりして、いつでも転職できる準備を整えておきましょう。

仕事がキツイことが及ぼす悪影響とは?

「仕事がキツイ」という感情を侮ってはいけません。
最初は「キツイけどまだまだ大丈夫」と思って働き続けてしまいますが、実は自分が思っている以上に精神的に負担がかかっています。

気づけば「軽いうつ状態」になっていたり、ストレスで体調に影響が出たりしているケースも多いのです。
最悪の場合、「過労死」につながってしまうことも。

編集部

そのため、「仕事がキツイ」と思ったらすぐに対応策を考える必要があります。

仕事がキツイと思ったら「転職」するのがベスト

仕事がキツイと思ったら、やはり「転職」がベストです。
「ずっと今の会社で働き続けなければならない」という義務はどこにもありません。

ツライと思ったまま仕事を続けて精神や体調を崩しては本末転倒です。

編集部

そこで思いきって転職して、労働時間や業務内容、給料、人間関係などを新たなスタートを切りましょう!

転職のメリットとは?

転職にはメリットがたくさんあります。具体的には以下の4つです。

労働時間・給料が改善される
新たな人間関係を築ける
仕事への「やりがい」を見つけられる
視野が広がる

メリット1:労働時間や給料が改善される

ホワイトな会社に転職できれば、労働時間や給料は大幅に改善されるでしょう。

定時で帰れる会社もたくさんあります。
あるいは「たくさん稼ぎたい」と思っているのであれば、成果に応じて給料の上がる会社に属するのがオススメです。

労働時間や給料が改善されることでプライベートも充実します。プライベートが充実することで、「仕事がキツイ」と思っていた状態から、気づけば「仕事が楽しい」に変わるでしょう。

メリット2:新たな人間関係を築ける

転職することで、人間関係もゼロからのスタートになります。

今まで属していた会社での上司からのハラスメントや、同僚とのギクシャクした人間関係も一度リセットされるでしょう。

また人間関係が良好になると、余計なことで悩まなくなり、仕事にも集中できます。
結果、仕事の生産性も向上するでしょう。

メリット3:仕事への「やりがい」を見つけられる

転職によって、「仕事が単純作業でつまらない」「将来性が見込めない」といった悩みが解消され、仕事への「やりがい」を見つけられる可能性が高くなります

やりがいをもって楽しく働くことで、自分自身の成長スピードが上がり、大幅なキャリアアップにもつながるでしょう。

編集部

そのためにも、自分が成長できる業界・会社を選ぶことが大切です。

メリット4:視野が広がる

言わずもがな、転職すると仕事内容や人間関係が大きく変化します。
たとえば、パソコン1台で業務ができるIT業界に就職すれば、リモートワークやフレックスタイムといった自由度の高い働き方ができます。

リモートワークでは「場所を選ばない働き方」が実現可能です。わざわざ会社に出社する必要がないため、田舎で暮らしながら仕事ができたり、旅先で仕事ができたりといったメリットがあります。

また尊敬できる先輩や同僚など、今まで出会わなかった人と話すことで、価値観が広がったり、新たな発見があったりするでしょう。新たな環境で仕事をすることで、視野が大きく広がるのです。

視野が広がると、「もっと成長したい」というモチベーション向上にもつながります。結果、ますます仕事にやりがいを見出せるようにもなるのです。

まとめ

本記事では、「仕事がキツイ」と思うときと対処法についてお伝えしました。
仕事がキツイと思う理由には、長時間労働や上司からのハラスメント、仕事への将来性が見込めないなど、さまざまな理由があげられます。

事実、キツイ気持ちを自分で抱え込んだ結果、うつ病などの精神疾患を患ってしまう人も少なくありません。
もし、「精神的にキツイ」「耐えられそうにない」と思っているなら、一刻も早く「転職」してしまいましょう。

編集部

ぜひ本記事の内容を、ご自身の転職活動にお役立てください。
Click to Hide Advanced Floating Content

LINEで配信中!
事務未経験者のあなたが最短2週間で「正社員」の事務職に採用される方法とは?