事務職が人気な5つの理由と選考を勝ち抜き事務職になるための必勝法を徹底解説!

事務職は職種の中でも女性を中心にとくに人気があり倍率が高くなっています。

事務職を志望していると「どうして事務職はこんなに人気なの?」と疑問を持つと思います。

事務職は「土日休み」「残業が少ない」など好条件がそろっているので人気なのです。

この記事では

  • 事務職が人気な5つの理由
  • 事務職の倍率

についてご紹介していきます。

この記事を読めば、事務職への転職について深く知ることができるので、転職活動を効果的に進めることができますよ。

事務職が人気な理由5つ

事務職を希望する人はとても多く、人気の高い職種です。

事務職が人気を集めている主な理由を5つご紹介します。

土日休みで残業が少ない

事務職は土日休みで残業が少ないということが人気を集めている大きな理由の一つです。

中には残業が多い事務職や土日出勤のある事務職もありますが、このようなケースはとても少ないです。

毎日定時で仕事を切り上げて17時に退社できる会社も多いので、仕事終わりに遊びに行くこともできてアフターファイブが充実させられますね。

カレンダー通りの土日休みであることがほとんどなので、プライベートや趣味を充実させたいと考えている人にぴったりです。

難しいスキルを求められる機会が少ない

事務職はほとんどの求人が未経験歓迎で、難しいスキルを求められる機会が少ないので仕事をする上でハードルが低いというのも志望者が多い理由です。

事務職はきちんと教えてもらえば誰でもこなせることがほとんどなので、仕事内容は簡単なものが多くなっています。

このような理由から事務職の求人は未経験OKであることが多いのです。

業界によっては専門用語が必要になる場合もあるしれませんが、専門的な知識や技術がなくても十分に業務がこなせます。

ルーティンワークが中心

事務職は、基本的にルーティンワークが中心です。

ルーティンワークとは、手順が決まっている日常的な仕事のことです。
やり方が決まっている作業が中心なので、臨機応変な対応をするよう求められることはほとんどありません。

仕事をしていて急なトラブルが起こるようなことはほとんどなく、突発的に仕事量が増えるようなこともないです。

「急な残業が入った」といったこともないので、自分のペースを保って仕事ができるという理由から事務職を志望する人は多くいます。

クレーム対応や謝罪をすることが少ない

ルーティンワークが中心の事務職では、クレーム対応や謝罪をすることがほとんどありません。

内勤である事務職では顧客や取引先とやりとりをする機会が少ないので、顧客への対応でストレスが溜まることもありませんし、クレーム対応を任されることもありません。

営業担当と違って、休日や業務時間外に電話へ対応する必要もなく、何かトラブルが起こった場合に顧客へ謝罪をするようなこともないです。

日々の仕事をきちんとこなしていれば、トラブルに巻き込まれることがないことも事務職の人気が高い理由となっています。

座って仕事できるので体力的に楽

事務職は基本的に座り仕事なので、体力的に疲れません。

歩くとしても、書類を渡したりコピー機を使う時などにオフィス内を少し歩くくらいです。

営業職のように社外で外回りをすることもありませんし、販売職のように店頭で長時間立っていることもありません。

座ったままできる事務職は、体力的に楽な仕事を探している人にとって魅力的な職種です。

事務職は倍率が高い


事務職は人気な職種なので、求人の倍率が高くなっています。

転職エージェントdodaの調査によると、倍率は0.3倍となっていて狭き門です。

倍率0.3倍なので、3人に1人が事務職への転職に成功することになります。

様々な職種の人に人気

事務職を志望する人はとても多く、様々な職種の人が事務職への転職を希望しています。

販売職や飲食業などの立ち仕事をしている人の中には、事務職のようなデスクワークに憧れている人はかなり多くいます。

体力を使うような仕事をしていると、一度は「事務職は楽でいいな」と思うことがあります。

シフト制の仕事をしている人は「家族や子どものイベントに参加したい」「友達と予定を合わせたい」という理由から土日祝日で決まった休みが得られる事務職を希望することが多いです。

志望者の中には事務職の経験者もいる

他の職種からの転職だけでなく、事務職から事務職への転職ももちろんあります。

事務職は「未経験OK」とされている求人が多くありますが、それでも経験者の方が採用されやすくなります。

「経験者優遇」と書かれていなくても、当然採用では経験者が優先されるので、その結果競争率はさらに高くなるのです。

事務職の正社員求人は少ない

転職市場において、正社員で事務職を募集している求人は少ないのです。

事務職は仕事内容が簡単で正社員でなくても対応できるので、派遣社員やアルバイトでしか募集していないという企業も多くあります。

派遣の求人には事務職が多くありますが、正社員の求人ではほとんど無いのです。

未経験から事務職を目指すなら転職エージェントがおすすめ


事務職未経験から競争率の高い事務職への転職を成功させたい場合には、転職エージェントを利用することをおすすめします。

以下に転職エージェントで得られるメリットをご紹介します。

自分で気付けていない長所がわかる

エージェントとの面談をしてから、志望する企業や自分に合っている仕事の求人が紹介されます。

第三者であり転職ノウハウが豊富なエージェントから客観的な視点でアドバイスしてもらえるので、自身では気付いていなかった長所を発見することができます。

履歴書や面接でテクニックの指導をしてくれる

履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成や面接をする上でのアドバイスがもらえます。

志望動機や自己PRの書き方について、エージェントから的確なアドバイスを受けることができます。

過去の転職者のデータを元にして、志望する企業の面接の質問傾向やそれに対しての効果的な対策方法について教えてくれることもあります。

このようなサポートによって、試験のコツを押さえて効効果的な転職活動ができるのです。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントでは一般的なネット上にある求人サイトには載っていないような非公開求人を多く取り扱っています。

この非公開求人は少数の人を厳選して採用したい企業によるもので、中には大手企業の求人もあります。

転職エージェントで紹介される求人の約80%は、このように一般には公開されていない非公開求人です。

転職では自分の希望に合った求人情報をどれだけ多く得られるかによって結果が大きく変わるので、転職を成功させる上で有利になります。

エージェントへ登録したい人はこちら

未経験からIT企業の正社員に

まとめ


この記事では、事務職が人気な理由と事務職の倍率についてご紹介しました。

事務職は女性を中心にとくに人気がある職種で、倍率はとても高くなっています。

事務職は「土日休みで決まった休みが取れる」「急な残業がない」といった好条件が多くそろっているので、転職者から人気です。

販売職や飲食業など立ち仕事の人をはじめ様々な職種の人から人気があり、さらに事務職経験者も応募してくるので、競争率はとても高いのです。

競争率の高い事務職に未経験から転職する場合には、エージェントを利用することで有利に転職活動を進めることができます。

エージェントを利用して二人三脚で転職活動をして、あこがれの事務職への転職を成功させましょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?