【経験者語る】社内恋愛がバレる5つの理由と3つの対策方法を詳しくご紹介

この記事は、「社内恋愛ってどういう風にバレるの?」「バレないためにはどんな対策をすればいいんだろう?」と考えているあなたに向けた記事になります。

ドキドキハラハラ楽しい社内恋愛ですが、バレることのリスクを考えると、楽しんでばかりもいられませんよね。

どのような場合において、バレることが多いのかを知っておくだけでも、色々な対策を講じることができます。

記事内では、「社内恋愛がバレる理由」「社内恋愛がバレないための対策」について、具体的な例を挙げつつ、詳しく紹介していきます。

社内恋愛がバレる5つの理由


以下にて、社内恋愛がバレやすいとされている理由を紹介していきます。

ぜひ、あなたの職場環境に置き換えながらご覧ください。

社内で意識するあまり行動に出てしまっている

心の中では気を付けていても、意識するあまり行動にでてしまっているというのは、よくあることです。

特に、同じフロアで働いている場合には、より注意する必要があるでしょう。しかし、気を付けるといっても、無意識でやっていることなので難しいと思います。

そこで、下記にチェックリストを用意してみてました。当てはまる項目が無いか確認してみてください。

  • 目で追いすぎている
  • アイコンタクトを取りすぎている
  • ボディータッチが多くなっている
  • 好きというオーラを出しすぎている
  • お互いのことをよく知っている感じの言動をとっている
  • 他の社員と名前の呼び方が違う(彼氏だけ名前で呼んでしまっていないか)

いかがでしょうか。一緒の時間を長く共有することで、「普段の接し方」を忘れてしまっていませんか?

チェックリストを参考に、ぜひ自身の言動を思い返してみましょう。

出社・退社の時間が同じ

出社や退社の時間が同じだと、バレる原因になりやすいです。少し時間をズラしているだけでも、バレる可能性は高いでしょう。

最初は、出社・退社の時間をズラすだけで十分な対策になります。しかし、時間が経つことで、十分にバレる原因となってしまうのです。

例えば、あなたが退社して数分後に彼氏が退社する、彼氏が退社して数分後にあなたが退社する。これを、繰り返し見ている同僚の気持ちを想像してみてください。

それに加え、「社内で妙に仲が良い」「出社時に薫った柔軟剤が一緒」などのようなことに気付かれた場合、もう隠しようがありませんよね。

どうしてもバレたくないということであれば、出社・退社を一緒にするのを止めるか、1時間以上の間を空けるか、などの対策が必要になってきます。

どちらにせよ苦渋の判断になるとは思いますが、仕方ないと割り切って選択しましょう。

ケンカしたあとの険悪な雰囲気を社内に持ち込んでしまったとき

ケンカしたあとの険悪な雰囲気のまま出社し、仕事をすることで、周りに感付かれるケースもあります。また、仕事中にケンカになるということもあるかもしれません。

「大人なんだからそんなことはない」とお考えでしょうか。

しかし、怒りというのは、ときに人の感情を抑制するためのストッパーを外してしまいます。

特に、男女間での揉め事というのは、日頃から積み重ねられているものが多く、一旦、怒りを放出してしまうともう止まりません。「行き場がないほどの強烈な怒り」を経験した人も多いのではないでしょうか。

また、カップル同士での険悪な雰囲気は、周りの人にも悪影響を与えます。カップルという事実がバレるだけでなく、周りに迷惑をかけることで、バレた際、余計に気まずくなってしまうのです。

怒っている状態だと、中々そこまで考えることができません。今のうちに喧嘩した後のリスクを知り、対策を考えておきましょう。

SNSの投稿によって感付かれる 

彼氏と一緒にいる時間は楽しいものです。「この楽しさを共有したい」と思っても会社の人にバレてはいけないという前提があると、インスタやFacebookでアップすることはできませんよね。

しかし、それでも写真や動画をアップしたいと思ってしまうのがヒトのさがです。

ぎりぎりバレない範囲でSNSに投稿しているカップルも多いかと思います。最初こそ気付かれませんが、いずれは必ずバレてしまうでしょう。

例えば、同僚との何気ない会話で「この前、横浜の中華街に行ってたんだよね」と言ったとき、「〇〇さんも、横浜の中華街の写真をインスタに載せてたよ」と彼氏の名前を挙げられても、とっさに切り返すことは難しいですよね。

上手くごまかせたとしても、その先、隠し通すのが困難になってしまいます。

自宅への突然の来訪

会社の同僚や上司が家に来ることでバレる可能性もあります。

同僚であれば「来ないで!」とキッパリ断ることもできますが、上司に言われると断りづらいですよね。家に同僚や上司を入れてしまうと、思わぬことでバレてしまいます。

例えば、彼氏と一緒に行った旅行先のお土産、彼氏とのアルバム、2本の歯ブラシ、色違いのマグカップなどなど、バレる要素は盛りだくさんです。

また、突然の来訪というのは、予期なく家に来られるということ。会社の飲み会のあと、近くで遊んでいたとき、などが考えられるでしょうか。

つまり、カップルであるとバレたくないのであれば「誰がいつ来てもOKな状態」を常に作っておかなければいけません。かなり大変ですよね。

さらに、同僚と一緒に彼氏がきている場合も、注意が必要です。彼氏は当然、部屋のどこに何があるのかを分かっているので、行動から悟られるというリスクがあるためです。

「この部屋のことなんでそんな詳しいの?」とつっこまれたら最後、もう言い訳はできません。

社内恋愛がバレるとどうなる?


社内恋愛がバレると、どのようなことが起きるのでしょうか。

仮に、社内恋愛が禁止になっている会社でバレてしまった場合、下記のようなことが考えられます。

  • 強制的に異動させられる
  • 上司にこれでもかと詰められる
  • 彼氏の名前が出たときに気まずい空気になる

強制的に異動というのは極力、避けたいですよね。もし、バレたときにどのようなペナルティーがあるかというのを、先輩上司に上手く聞いておくとよいかもしれません。

過去に異動させられるようなことが実際にあったのであれば、気を引き締めて、隠し通す覚悟をする必要があります。あるいは、徹底的な対策を講じましょう。

社内恋愛がバレない3つの対策


以下にて、社内恋愛をバレないようにするための対策を3つ紹介します。

どのようなタイミングで、いつバレるかは分かりません。対策をしておくことに越したことはないないので、ぜひ参考にしてみてください。

どのような場合も仕事をやり抜く

どのような場合でも仕事をやり抜くようにしましょう。

どのような場合でもというのは、下記のようなケースです。

  • 彼氏と喧嘩してブルーなとき
  • 彼氏がいる現場で仕事をするとき
  • カップルでないかと社内で噂されているとき

要は、「彼氏に感情や行動を支配されることなく、仕事をやり切る」という対策です。

仕事をやり抜いておけば、バレたときでも「あれだけ仕事に打ち込んでいたら問題ないだろう」と周りに思ってもらうことができます。

また、仕事に夢中になっておけば、彼氏への感情を一時的に忘れることができるため、同僚や上司に悟られることもなくなるでしょう。

職場の近くでデートをしない

世間というのは、とんでもなく狭いです。「世間って狭いよね」このセリフ、一度はつかったことありますよね?

職場の近くでのデートというのは、「別にバレてもいいや」っとなっているとき以外は、やめておいた方がよいです。

職場近くの駅周り以外でも、職場の近くの主要駅で遊ぶのも危険だといえます。なぜなら、休日に一番、遭遇しやすい場所であるからです。

せっかくの休日、毎日のように行く駅や街には、誰だって行きたくないですよね。遊ぶのなら、うんと離れている場所か、あまり休日に行きたいと思わないような場所にしましょう。

人が少ない場所でも、今まで知らなかった新しい発見があり、盛り上がるかもしれませんよ。

会社では極力関わらないというルールをつくる

会社では極力、話さない、目を合わさないというルールをつくりましょう。

ルールをつくらずに彼氏を無視したり、目を合わせないでいると、ケンカになってしまいます。それらのリスクを回避するため、2人で話し合い、ルールをつくってしまうのです。

そうすることで、一緒に仕事をしているときにバレることもありませんし、仕事をするうえでギクシャクすることもなくなるでしょう。

まとめ


この記事では、社内恋愛がバレる理由と対策方法をメインに紹介してきました。

バレないための対策も必要ですが、バレたあとのことも対策として考えておきたいですね。

社内恋愛がバレるとどうなるのか、彼氏や自分自身にどういった影響があるのか、この2つを知っておくことで対策をたてられます。

バレないために気を張るのは疲れますが、今の時間は後になって、かけがえのない思い出になっているはずです。難しく考え過ぎず、楽しむことも忘れないでくださいね。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?