営業事務に将来性はある?年収や必要な資格や未経験でも目指せるのかご紹介

  • 「営業事務の年収や将来性が知りたい!」
  • 「営業事務になるのって何か資格がいるの?未経験からでもチャレンジできる?」

事務職の中でも、多くの会社から必要とされている営業事務はやりがいがあり人気が高い仕事です。営業事務の年収や将来性、資格が必要なのか気になる人も多いですよね。

本記事では営業事務への就職を考えているあなたのために、仕事の内容と必要な資格を徹底解説します!

  • 営業事務のメリット・デメリット
  • 営業事務の年収と将来性
  • 営業事務に必要な資格

をご紹介します。

営業事務は未経験からもスタートでき、やりがいのある仕事ですが年収や将来性にはやや不安があります。

もっと上の年収を目指したい、成長している業界で働きたいという方は資格なしの未経験からも就職できるIT業界の事務もおすすめです!

この記事を読めば、あなたにぴったりな働き方を見つけられ安定した生活を送ることができるようになります!

営業事務の仕事があなたに合っているか判断するために、是非参考にしてください。

営業事務の仕事内容

営業事務は次のような仕事を行います。

 

  • 営業担当のアシスタント業務(資料作成、見積作成など)
  • 受発注、契約、納品、入金管理
  • 社内の資料・データ作成、管理
  • 問い合わせ対応、クレーム対応

営業事務は営業がしっかりと売上を上げられるよう、スムーズに仕事を進めるサポートを行います。

一般事務と混同されやすいですが、一番の特徴はやはり営業に関わる仕事のため会社の売上や発展に貢献できることです。営業は普段会社の外に出ていることも多く、社内にいる営業事務が多くの業務をサポートしなければ仕事が成り立ちません。

また営業だけでなく受発注のため顧客やビジネスパートナーと連絡をとる機会も多く、ビジネスパーソンとしてのスキルを身につけることができます。

営業事務のメリット

営業事務として働くメリットは次の点です。仕事をテキパキこなすビジネスパーソンになりたい方にぴったりの職種です。

  • ビジネススキルを身に付けられる
  • やりがい・貢献を感じられる
  • 未経験からでもパソコンを使った仕事に挑戦できる

ビジネスの様々な面に触れることができるので、営業事務を経験してから関心がある分野へ転職することも可能です。

営業事務のデメリット

一方で、次のデメリットがあり転職を考える人もいます。

  • 責任感のある仕事が求められる
  • 仕事にスピードが求められる

営業事務は会社の売上に関わる仕事のため、スピーディに正確に仕事をしていく必要があります。発注や納品など、お客様にダイレクトに関わる仕事もあるので責任感が求められて精神的にプレッシャーを感じる人もいます。

どの仕事もメリット、デメリットがありますが営業事務が自分のライフスタイルや性格に合っているかを判断することが大切です。

営業事務の給料

平均年収は280万円から360万円です。年収はボーナスを含んだ金額です。平均月収は21万円前後と言われています。

一般事務よりも年収がやや多く、昇給も目指せる点が特徴です。また、キャリアパスとして営業職に転職して給料をあげることも可能です。

営業事務の初任給は会社ごとに大きくは変わりませんが、入社する会社によってボーナスの金額や昇給の可能性が大きく異なります。

ボーナスが少ない、昇給の機会が少ない会社だと長期的に年収が低いままの可能性あるため入社前に情報収集することをおすすめします。

営業事務におすすめの資格

営業事務での仕事をはじめるために必須の資格はなく未経験からでも目指すことができます。しかし、次に紹介する資格をとっておけばスムーズに仕事が始められ、スピーディな対応が必要な営業事務の仕事も効率的に進めることができます。

パソコン系スキルの資格

営業事務はパソコンを使用した資料作成やデータ作成の仕事が多いため、次のような資格がおすすめです。

  • MOS(マイクロオフィススペシャリスト)
  • 日商PC検定

事務系スキルの資格

営業事務は会社のお金に関する知識やコミュニケーションスキルが必要とされます。そのため、ビジネスマナーや経理の流れも理解しておくとスムーズに仕事を進めることができます。

ビジネスマナーや経理については次の資格取得がおすすめです。

  • 日商簿記
  • 秘書検定

営業事務においては資格が必須という訳ではありませんが、自信をもって対応できることで社内外の信頼にもつながり仕事がしやすくなるでしょう。

営業事務の1日の流れ

営業事務で働いている人の1日の流れをご紹介します。あなたも営業事務として実際に働くイメージをもってみましょう!

9:00 出社

出社したらまずは、一緒に働く人に挨拶をして朝礼などを行います。

営業事務の仕事はコミュニケーションがとても重要です。

仕事のスタートは1日の予定の確認やメールチェックを行います。

自分の予定やタスクだけではなく、営業や関連部署、取引先の予定も確認しておくことでスムーズにやりとりが進められます。

10:00 事務処理・問い合わせ対応

1日の仕事を確認したら、自分の今日のタスクに取り組みます。

主な仕事は、ExcelやWordなどMicroOfficeソフトを使用した資料の作成やデータの入力です。

並行して午前中は顧客や取引先、営業担当からの電話やメールでの問い合わせもたくさん発生します。対応漏れが発生しないように必ずメモを取りながら、進められる仕事からスピーディに対応します。

12:00 ランチ

午前中の仕事を終えたら1時間のランチ休憩です。

仲の良い同僚とランチに出掛けるという人も多いようです。仕事が多くてストレスもたまりがちなので、社内で悩みを共有できる仲間がいると心強いですね。

13:00 受発注処理

本日分の受発注の処理を行います。間違いのないように正確に仕事を進めます。

午前中に引き続き、自分の事務処理や問い合わせの対応も行います。多くのタスクが発生した日は、優先順位と対応にかかる時間を冷静に判断しながら効率よく仕事を進めていきます。

また合間の時間に郵便物や来客対応が発生することもあります。

16:00 営業とのコミュニケーション

今日中に必ず終えないといけない仕事や急な対応がないか、営業とコミュニケーションをとって確認をしておきます。

営業部門では突発的な対応やクレーム対応など、予定していなかった仕事が発生することも多々あります。責任感を持ってチームで解決する協調性も求められます。

また、事務の仕事は他部署や同僚から手伝いを依頼されることもあるので、無理のない範囲で協力して業務を行っていきます。

18:00 業務終了・退社

今日行った作業の確認や明日以降に引き継ぐ仕事を整理して退社します。

営業の締め日付近、繁忙期は営業事務も残業することが多いです。

営業事務の将来性

営業事務はコミュニケーションスキルが必要とされている仕事のため、将来無くなる仕事ではないでしょう。

しかし、IT技術の進歩によりルーチンワークや問い合わせ対応など自動化が進み営業事務の業務が減り、結果として求人が少なくなる可能性は大いにあります。

また、責任感やスキルが必要とされるにも関わらず収入が他の職種よりも低く努力や経験に応じて年収を大きくアップするのが難しいとも言えます。

営業事務に向いている人の特徴

営業事務は将来性や収入面では少し不利な条件ですが、それでも根強く人気の職業です。

営業事務がどのような人に向いている仕事なのかを見ていきましょう。

人の役に立つのが好き

営業事務の仕事はしっかりと業務を行うことで、営業はもちろん顧客にも喜んでもらえ直接感謝されることが多い仕事です。

自分が前面に出て仕事をするよりは、誰かの役に立ちたい、人の役に立つことが嬉しいという人には向いている仕事と言えます。

やりがいとワークライフバランスを両立したい

一般事務ほどルーチンワークではなく、会社に貢献してやりがいが感じられる。残業もたまにあるけれど、営業ほどではなくワークライフバランスを自分でコントロールしやすいという点が営業事務の人気の秘訣です。

やりがいのある仕事をしたいけど、残業ばかりになってしまうのは辛いという思う方にはぴったりでしょう。また、程よく残業があることで月収も少しアップするのが嬉しいポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、営業事務の年収や将来性、メリット・デメリットなどを詳しくご紹介しました。

営業事務はやりがいを持って働くことのできる事務職ではありますが、会社選びを一歩間違えると収入が低いままという可能性があります。
収入はしっかり確保したいと感じた方は未経験で資格なしでも就職できるIT業界の事務もおすすめです。

IT業界は成長を続けており、今後もニーズが高まっていくことが予想されます。そのため収入面でも高い水準が期待ができる業界です。

さらにIT業界は人手不足のため今なら未経験でも採用の可能性が高いことも特徴です。

世界情勢の影響を受けづらい安定したIT業界なら、ボーナスもしっかりもらえる可能性が高いというメリットがあります。

「IT業界いいかも!でもITがよく分からなくて不安…」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

IT事務の教科書では、志望動機の添削や転職の相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?