一般事務の年収や将来性はどうなの?必要な資格についても徹底解説

  • 「一般事務の年収や将来性が知りたい!」
  • 「一般事務になるのって何か資格がいるの?」

事務職の中でも、多くの会社から必要とされている一般事務は長く働くことができるため人気が高い仕事です。一般事務の年収や将来性、資格が必要なのか気になる人も多いですよね。

本記事では一般事務への就職を考えているあなたのために、仕事の内容と必要な資格を徹底解説!

  • 一般事務のメリット・デメリット
  • 一般事務の年収と将来性
  • 一般事務に必要な資格

をご紹介します。

一般事務は未経験からもスタートでき、長く働ける仕事ですが年収や将来性にはやや不安があります。

もっと上の年収を目指したい、成長している業界で働きたいという方は資格なしの未経験からも就職できるIT業界の事務もおすすめです!

この記事を読めば、あなたのライフスタイルにあった働き方を見つけられ安定した生活を送ることができるようになります!

一般事務の仕事が自分に合っているか判断するために、是非参考にしてください。

一般事務の仕事内容

一般事務は次のような仕事を行います。

社内の資料・データを作成、管理

郵便物の仕分け・発送対応

来客対応

社内の書類や物品の整理

一般事務は企業の仕事がスムーズに進むよう、様々なサポートをする幅広い業務を行います。

一般事務のメリット

一般事務として働くメリットは次の点で、昔から女性に人気の職業です。

  • 残業が少ない
  • 長く働きやすい
  • 内勤の仕事
  • 未経験からでもパソコンを使った仕事に挑戦できる

一般事務のデメリット

一方で、次のデメリットがあり転職を考える人もいます。

  • 収入が低い・上がりにくい
  • ルーチンワークが多いためスキルアップ、キャリアアップしにくい

どの仕事もメリット、デメリットがありますが一般事務が自分のライフスタイルや性格に合っているかを判断することが大切です。

一般事務の給料

平均年収は250万円から350万円です。年収はボーナスを含んだ金額です。平均月収は20万円前後と言われています。

デメリットにあげたように、一般事務の給料は高くありません。また、長年働きやすい仕事ですが大幅な年収アップもあまり期待することはできません。

一般事務の月収は会社ごとに大きくは変わりませんが、入社する会社によってボーナスの金額が大きく異なります。

ボーナスが少ない、ボーナスがなくなる可能性がある会社だと年収が一気に下がることがあるため入社前に情報収集することをおすすめします。

一般事務におすすめの資格

一般事務での仕事をはじめるために必須の資格はありませんが、次の資格をとっておけばスムーズに仕事が始められ、業務の効率化にもつながります。

パソコン系スキルの資格

一般事務はパソコンを使用した資料作成やデータ作成の仕事が多いため、次のような資格がおすすめです。

  • MOS(マイクロオフィススペシャリスト)
  • 日商PC検定

事務系スキルの資格

一般事務は会社の様々な部門で必要とされているため、ビジネスマナーや経理の流れも理解しておくとスムーズにオフィスワークを進めることができます。

ビジネスマナーや経理については次の資格取得がおすすめです。

  • 日商簿記
  • 秘書検定

一般事務の1日の流れ

一般事務で働いている人の1日の流れをチェックして、実際に働くイメージをもってみましょう!

9:00 出社

出社したらまずは、一緒に働く人に挨拶をして朝礼などを行います。

一般事務の仕事は周りの人とのコミュニケーションも大切です。

仕事のスタートは1日の予定の確認やメールチェックを行います。

10:00 資料作成・データ入力

1日の仕事を確認したら、黙々と自分の作業に取り組みます。

主な仕事は、ExcelやWordなどMicroOfficeソフトを使用した資料の作成やデータの入力です。

同僚に確認、他部署とのコミニュケーションなどが必要になる場合もあります。

12:00 ランチ

午前中の仕事を終えたら1時間のランチ休憩です。

仲の良い同僚とランチに出掛けるという人も多いようです。

13:00 来客対応や郵便対応

午前中の作業にきりがついたら、午後には郵便物の仕分け・発送を行います。

来客がある日は、お客様のご案内やお茶出しなどの対応をすることもあります。

15:00 資料作成・データ入力

1日の疲れが出てくる時間帯、少し休憩を挟みながら追加の資料・データの作成を行います。

他部署や同僚から手伝いを依頼されることもあるので、無理のない範囲で協力して業務を行っていきます。

18:00 業務終了・退社

1日の仕事を終えたら、明日の用意をして退社します。

一般事務のお仕事は基本的には残業はないことが多いです。

一般事務の将来性

一般事務は将来無くなる仕事ではないでしょう。

しかし、IT技術の進歩によりルーチンワークな業務は自動化が進み求人が少なくなる可能性は大いにあります。

また、収入の面でも努力や経験に応じて年収を大きくアップするのが難しいとも言えます。

一般事務に向いている人の特徴

一般事務は将来性や収入面では少し不利な条件ですが、それでも根強く人気の職業という事実があります。

一般事務がどのような人に向いている仕事なのかを見ていきましょう。

コツコツした作業が好き

仕事には向き不向きがありますが、一般事務の仕事はコツコツした作業が好きな人に向いている仕事と言えます。

営業職や技術職のように数字を追いかけたり専門技術を極めるよりは、毎日同じ作業を正確にスピーディに行うことにやりがいや楽しさを感じる人は適性があります。

ワークライフバランス重視!定時退社のオフィスワークがしたい

他の職種で業務時間が長かったため、ワークライフバランスを保ちやすい一般事務に転職する人も多くいます。

オフィスワークで一般的なビジネスやPCのスキルが付けられる上に、退社時間が安定しているため一般事務に人気が集まります。

一般事務で最低限のスキルを身につけながら資格取得や目標の業界への転職などを目指す人もいます。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、一般事務の年収や将来性、メリット・デメリットなどを詳しくご紹介しました。

一般事務は長く働きやすい仕事ではありますが、会社選びを一歩間違えると収入が低いという可能性があります。収入はしっかり確保したいと感じた方は未経験で資格なしでも就職できるIT業界の事務もおすすめです。

IT業界は成長を続けており、今後もニーズが高まっていくことが予想されます。そのため収入面でも高い水準が期待ができる業界です。

さらにIT業界は人手不足のため今なら未経験でも採用の可能性が高いことも特徴です。

コロナのような世界情勢の影響を受けづらい安定した業界でもあるため、ボーナスもしっかりもらえる可能性が高いというメリットがあります。

「IT業界いいかも!でもITがよく分からなくて不安…」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

IT事務の教科書では、志望動機の添削や転職の相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?