歯科助手の給料は?将来性やメリットデメリットや受かりやすい志望動機も徹底解説

  • 歯科助手ってどのくらい稼げるの?給料ってどれくらいなの?
  • 歯科助手に興味はあるけど、歯科助手って将来性はあるの?

という不安や疑問がある方は、ぜひ記事を読んでみてください!

今回の記事では歯科助手の

  • 給料
  • メリット、デメリット
  • 資格
  • 将来性

についてご紹介していきます。

記事を読めば、歯科助手に対する理解が深まり、今思っている疑問が解決します!

とくに転職を考えている方は、参考にしてみてください!

すでに歯科助手への転職を考えている方のための受かりやすい志望動機をまとめている記事もありますので、併せてお読みください!

また歯科助手以外にも事務職にはさまざまなものがあります。なかでもIT事務職は人気の職種です。興味のある方はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

歯科助手の年収や給料は高い?低い?

歯科助手を目指している方のために、歯科助手の年収や給料をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください!

手取りや高卒・パートのケースもあわせてご紹介します。

歯科助手の平均年収は250〜300万!

勤め先の歯科医院にもよりますが、歯科助手の正社員の平均年収はおよそ288万。

平均年収の推移は大体250万〜300万です。月収でいうと手取りでおよそ18万円ほど。

働き方が違うと、どれくらい収入が変わるのでしょうか?下の表で確認してみましょう!

働き方 時給 月収 年収 賞与
パート 1035円 16.5万円 198万円
派遣社員 1102円 17.6万円 211万円
正社員 18万円 288万円 40万前後

※パート・派遣社員の月収は時給×8時間×20日働いた場合の目安です。

都内だとあまり大きいところには住めませんが、都会を少し離れた地域であれば、十分に広い間取りに住むこともできる給料を得ることができます。

歯科医院によっても違ってくるため、求人情報は必ず確認するようにしましょう!

歯科助手からのキャリアアップ!歯科衛生士の平均年収は350〜400万!

歯科助手と同じように、歯科医院で働く歯科衛生士の給料についてもまとめました!

歯科助手とは違い、医療行為も行うことができる歯科衛生士正社員の平均年収は355万円です!平均年収の推移は大体350万〜400万。歯科助手と比べるとおよそ100万円ほど収入が上がります!

働き方が違うと、どれくらい収入が変わるのでしょうか?下の表で確認してみましょう!

働き方 時給 月収 年収 賞与
パート 1,329円 21万円 252万円
派遣社員 1400円 22万円 264万円
正社員 30万円 355万円 41万円

※パート・派遣社員の月収は時給×8時間×20日働いた場合の目安です。

歯科衛生士になることで、毎月の給料が上がります!正社員で比較するとなんと月収は18万円もアップします!そのため歯科助手からキャリアステップとして歯科衛生士を目指す人も多いです。

収入が上がることで少し高めのレストランで外食をしたり、値段が少し高いブランドの洋服やバッグを買ったりできるようになるため、生活が豊かになりますね!

歯科助手になるメリット・デメリットは?

歯科助手になるメリットやデメリットはなんでしょうか?それぞれご紹介します。

歯科助手の3つのメリット

歯科助手になるメリットは主に以下の3つがあります。

  • 一度就職すれば、辞めた後も復職しやすい!
  • ライフステージが変わっても仕事が見つけやすい!
  • 短時間からでも働けるため、時間の融通が効く!

歯科医院の数はコンビニよりも多いです。そのためどこにいっても職場が見つけやすい仕事の1つが歯科助手です。

とくに歯科医院は医療機関のため、専門知識がある人ほど重宝される傾向にあります。

勤務年数が多いほど雇ってもらいやすく、1度働いた経験があれば

  • 年齢が高くても働ける
  • 転居・結婚・出産などライフステージが変わっても採用されやすい

という大きな特徴があります。

また歯科医院は営業時間が決まっているためシフト制のところも多く、残業も少ないので仕事とプライベートを両立しやすいのもメリットです。

とくにアルバイト・パートでの勤務は

  • 6時間勤務と短時間で働く
  • 週休3〜4日で働く

という風に、時間の融通を効かせることができます。

定時まで仕事を頑張ったあと、友達と飲みに行ったり、早く家に帰って家族と一緒に夕食の時間を過ごしたりと、仕事のある日も充実した時間の使い方ができますね!

自分に合った働き方を見つけられるため、仕事以外の時間を満喫したい方にはおすすめです!

歯科助手の2つのデメリット

歯科助手のデメリットは主に以下の2つです。

  • 仕事を覚えるまでに半年以上かかる!
  • 仕事の特性上、腰を痛めやすい!

歯科医院でスムーズに働くためには、治療のための専門用語や器具の用語などを覚える必要があります。未経験からの転職だと、ふだん使い慣れない言葉や今まで経験したことがない仕事も多く、ひととおり覚えるためには半年以上かかると言われています。

また歯科医や歯科衛生士のアシスタントとしての役割を担っているため、単純に仕事の量も多いです。

はじめのうちはやること・覚えることも多いため、吸収力があったり、意欲的な働き方ができない人だと、仕事を覚えるまでに相当時間がかかるかもしれません。

立ち仕事や前かがみになることも多いため、腰の筋肉を痛めやすいのもデメリットしてあげられます。仕事で腰を痛めてしまっては元も子もないので、少しでも身体を動かす意識をするとよいでしょう!

とくに日頃からストレッチを行うことをおすすめします!

ストレッチを日常的に行うことはけがの予防につながります。それだけではなく、基礎代謝をあげることもできます。基礎代謝が高まることで疲れもたまりにくくなり、仕事が終わった後も元気に過ごすことができる一石二鳥の予防策です!

つまり歯科助手は、無理をせずに多くの業務をこなしていくことで、日々楽しく働けるやりがいのある仕事になるのです!

歯科助手の資格を覚えておこう!

歯科助手は医療行為ができないため、国家資格はありませんが、民間資格はいくつもあるので覚えておきましょう!

たとえば以下のようなものがあります。

  • 歯科 医療事務管理士® 技能認定試験
  • 日本歯科医師会 歯科助手資格認定制度
  • 歯科助手専門員
  • 歯科助手検定試験
  • 歯科医療事務検定試験

詳しくは

の記事でご紹介していますので、併せて読んでみてください!

資格を持っていることで採用が有利になることもあります。歯科助手の仕事に勤める前から専門知識を身につけておくことで、働いてからも医師や歯科衛生士ともコミュニケーションが取りやすくなるため、勤めはじめから仕事をスムーズに行えることでしょう!

歯科助手の将来性は?医療事務と比較してご紹介!

歯科医院は全国で6万件以上あります。当然、歯科助手も医院の数だけ求められる事務職です。では将来的にも需要は変わらないのでしょうか?

厚生労働省によると、歯科医院に通う患者の約4割を65歳以上の高齢者が占めています。今後も日本は少子高齢化が進むと想定されているため、おじいちゃん、おばあちゃんは増えていきます。そのため歯科の需要も高まることが予想できます。

つまり歯科助手が今以上に必要とされるため、将来性がある職種と言えるでしょう。

同じような職業に医療事務の仕事があります。

歯科助手と同じように高齢化がすすむことで、需要は高まると言われています。

しかし病院などの医療現場はIT化がすすんでいるため、その分人を採らなくなることも予想されます。

そのため今後の状況を踏まえると、医療事務よりも歯科助手のほうが将来性があると言えます。

歯科助手の仕事は事務以外の仕事も多く任されるからこそ、コンピューターには移行できない仕事の1つなのではないでしょうか。

 

さらに最近では、治療以外でもホワイトニングなど美容として歯科を利用する人も増えてきています。そのため歯を綺麗に見せる美容的側面も今後需要が高まっていくと予想されています。

歯科助手になることで、歯について詳しくなるのはもちろんのこと、美容意識が高まるなんてこともあるかもしれませんね!

まとめ 

この記事では

  • 歯科助手の平均給与は18万円
  • 国家資格はなく、民間資格があること
  • 歯科助手は無理なく働き、仕事を覚えることでやりがいのある仕事になる
  • 高齢化社会がすすむことで、歯科助手の需要も増えていく

ことをご紹介しました!

今回ご紹介した歯科助手以外にもさまざまな事務職があります。

なかでもIT事務職は

  • 未経験でも入りやすい
  • 将来性がある
  • 給与水準が他の事務職とくらべて高い

ため、人気な事務職です。

現在IT業界は国内最大規模の市場となっており、IT事務職は安定した収入を得ることができます!

事務職への転職を視野に入れている方、すでに転職活動を初めている方には、ぜひIT事務をおすすめします。

 

興味を持った方はまずは無料相談。

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をサポートします。

事務職に関する無料カウンセリングはコチラ

 

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?