事務職に向いている人ってどんな人?事務職で活躍するための4つのポイントもご紹介

今回の特集は「事務職に向いている人ってどんな人?」です!みなさんは事務職にどんなイメージをお持ちですか?

  • 未経験者でもできそう
  • システムエンジニアなどの技術者や資格が必要な専門職に比べると簡単そう
  • デスクワークでパソコンのスキルが必要
  • コピーやお茶入れなど誰にでもできる仕事
  • ノルマもないし定時で帰れて楽そう

など様々なイメージをお持ちだと思います。未経験者の募集も多いことから、とりあえず事務職で働こうかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

では、パソコンが少し使えれば事務職は務まるのでしょうか?答えはNOです。簡単そうな仕事と思われている事務ですが、実は向いている人、不向きな人がいるのです。

本記事では事務職に向いている人を分析し、4つのポイントにまとめました。あなたの経験や性格は事務に向いているでしょうか?自分の働く姿を想像しながら読んでみてくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
今すぐ無料でカウンセリングを受けてみる
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事務の仕事がデキるの人のポイントは4つ


単調な仕事が多いイメージの事務職。でもその中で「仕事がデキる」といわれる人がいます。そのデキる人には実は共通するポイントがあるのです。どんな人が向いているのか詳しくみていきましょう!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
今すぐ無料でカウンセリングを受けてみる
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

表舞台で目立つよりも、裏方として支えたい人

事務の仕事は幅広く、その業務内容は所属する会社の規模や部署などにより変わってきますが、共通しているのは「会社の業務をサポートする仕事」ということです。

資料や書類を作成したり、スケジュール調整を行ったり、会議の準備をしたりなど、社員の仕事をサポートするのが事務の仕事となります。そのため、営業成績を数字で出す、大勢の人の前でプレゼンするのが苦手な方や、日々の仕事をコツコツやるのが得意という方は事務職に向いている人といえます。

コミュニケーションが苦手な人は不向き

事務は裏方の仕事だからといって、コミュニケーションが苦手な人でもできるかというと、それは間違い!事務の仕事には来客や電話対応、そして社員とのコミュニケーションが必ず必要になってくるからです。

特に社外の人に対しては、言葉使いややりとりひとつで、相手が持つ印象も変わってきますよね。事務には会社の顔も担っているという側面もあるのです。

また、社員の仕事をサポートするという点では、よく話を聞いて理解することも大事です。頭文字をとって「ほうれんそう(報・連・相)」と呼ばれますが、報告、連絡、相談をするのが仕事の基本となります。これはまさにコミュニケーションそのものになります。

表に立つ仕事は苦手だけど、人と話すのが好きという方は事務職向きです。

マルチタスクをこなせる人

先述したとおり、データ入力や書類作成、来客や電話対応、スケジュール調整、会議の準備など多岐に渡る事務の仕事を、円滑にこなせることも大事となってきます。しかも、それぞれを正確に行わなければなりません。人間なのでミスは誰にでも起こりますが、そのミスを起こさないために、チェックリストを作る、優先順位を判断できるなどの能力が必要となってきます。

一見難しそうですが、どの仕事を先に行うべきか、仕事にかかる時間を考慮して行動できるかなど、効率よく動ける人が向いています。例えば自宅の家事で、洗濯機を回している間に食器を洗ってお風呂を掃除するなど、皆さんは自然にできていませんか?内容は違っても、家事においてこういった行動が自然とできる人は事務でのマルチタスクもこなせる人なのです。

気配り、機転が利く人

マルチタスクをこなせる人にも共通してきますが、加えて大事なのは気配りや機転が利く人です。事務は会社の業務をサポートする仕事なので、アンテナを張って社内を見まわし、社員が必要としていることを見極めて用意したり、業務を円滑にすすめるための根回しをしたり、裏方としてさりげない気配りや機転が利く人が向いているのです。

例えば、この会議は長引きそうだから会議室の予約を長めに取っておく、頼まれた資料を見やすいように整理するなど、ちょっとしたことに気がついて行動できるのがポイントとなってきます。

販売や接客業、主婦は事務職へ向いている

デスクワークがメインの事務職とは程遠い接客業や主婦業ですが、実は今回ご紹介したポイントに共通するものがたくさんあります。

例えばコンビニやレストランの接客業では、品出しや在庫管理、給仕に片付け、レジ打ちなど覚えることが多く、マルチタスクが必須ですし、コミュニケーション能力も養われています。主婦は家事の効率化や家族への気配り、子育て中の方なら子どもの予期せぬ行動に対する対応力など、自然と身についていますよね。

事務の仕事が未経験だとしても、仕事をするに連れて、これまでの経験が活かされ事務の仕事に必要な能力として徐々に発揮できるのです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
今すぐ無料でカウンセリングを受けてみる
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

まとめ


あなたの経験や性格は、今回ご紹介したポイントにマッチしていましたか?
日々の仕事は地味なものが多い事務職ですが、それをこなすにはコミュニケーションやマルチタスクを処理する能力や気配りができる人が必要となってきます。そして、事務職を通してビジネススキルもどんどん上がっていくのです。

ぜひ経験を活かして事務職にチャレンジしてみてください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
今すぐ無料でカウンセリングを受けてみる
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事務職に関する無料カウンセリングはコチラ

事務職でキャリアを積みたいあなたにおすすめ
事務職は根強い人気職種のため、必ず対策が必要です。
未経験で事務職希望の方、書類や面接で2社落ちてしまった方は、私たちと対策をしましょう。
IT業界や事務職の転職ならお任せください。

お名前必須
お電話番号必須 ※3日以内にヒアリングのため、5分程度お電話させていただきます。
メールアドレス必須
<個人情報取り扱い>
お問合せにあたり、個人情報の取り扱いを必ずご確認ください。
Click to Hide Advanced Floating Content

20代事務職「未経験」の女性が
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?