【主婦必見】面接で好印象を与える自己紹介と自己PRを例文付きで徹底解説!

面接のはじめでよく聞かれる質問に、「自己紹介」と「自己PR」が挙げられますよね。自分の何を話せばいいのか分からず、言葉に詰まってしまった・・・なんて経験のある方もいるのではないでしょうか?

「自己紹介」を聞かれている時に、「自己PR」をしてしまう方も多いのですが、実は「自己紹介」と「自己PR」では、企業が質問する意図が違うのです。

本記事ではまず「自己紹介」と「自己PR」それぞれの特徴について説明し、それぞれ好感度がアップする答え方について、具体例とともに紹介していきます。

「自己紹介」は、あなた自身を知ってもらうためのもの


「自己紹介」は、あなたの人柄や経歴、所属を伝えるためのもの。伝えるべき基本的な内容は、以下の4点です。30秒〜1分ほどで、簡潔にまとめて伝えましょう。

  • 挨拶
  • 氏名
  • 簡単な経歴
  • 面接官の興味を惹けそうな事柄(出身地や趣味など)
  • 面接への意気込み

面接のはじめで「自己紹介」を求める企業の意図は、以下の2つです。

あなたがどんな人柄なのかを知ること

実務的なスキルも大切ですが、それ以上に重要視されるのが「人柄」です。「この人と一緒に働きたい」「この人になら、積極的にお仕事を教えたい」と感じてもらえるようなアピールを心がけましょう。

面接の雰囲気を和ませること

面接は、面接官との言葉のキャッチボール。堅苦しい雰囲気だとつい萎縮してしまって、普段通りのリラックスした状態で話すことは難しいですよね。面接官もそのことを理解しているので、フラットな雰囲気作りを意識しています。「自己紹介」を面接の序盤で行い、和んだ雰囲気を作ることで、その後の面接の流れをスムーズにしようとしているのです。

「自己PR」は、あなたの強みをアピールするためのもの


面接官が「自己PR」を質問してくる時は、「あなたが自社でどのような活躍ができるか」を知りたいと考えています。この時に大切なポイントは、以下の3つです。

自分の強みを正確に把握し、プラスな印象として伝えられているか?

業務が未経験だったり、自信がなかったりすると、つい「弱み」ばかりに目を向けてしまいがち。しかし伝える際の表現次第では、「弱み」は「強み」として、プラスな印象にすることができるのです。たとえば「あまり自己主張しない性格」であれば、「周りの意見を大切にすることができます」と言い換えたり。

それでも「強み」を見つけられない時は、これまでの人生で「アレはうまくいったな」と思える成功体験を振り返ってみたり、身近な人(家族や友人)に「自分の長所はどこ?」と聞いてみたりしてみてくださいね!ちなみに、筆者のおすすめは「ストレングスファインダー」という自己分析本を使うことです。自分でも気づかないような「強み」を見つけることができますよ。通販リンクはこちら↓

その強みは、企業が「求める人物像」に当てはまっているか?

採用してもらうためには、企業の立場に立って「求める人物像であるかどうか?」という目線を持つことがとても大切!面接前に、企業の求人情報や公式HPなどを参考にし、「企業が求める人物像」をあらかじめ調べておきましょう。

「〇〇がしたいです」というように、自分の希望ばかりを押し付けてしまいそうになりますが、企業側が求める人物像から離れ、採用率が下がってしまっては本末転倒です。

「私には〇〇な強みがあり、御社のお役に立てると思います。」
というように、面接官に「あなたを採用するメリット」を感じさせましょう。

魅力的な回答とは?


以上を踏まえてこの段落では、「自己紹介」と「自己PR」の具体的な回答例と、それぞれの魅力的なポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

「自己紹介」のよい回答例

「改めまして、〇〇〇〇と申します。本日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。でははじめに、職歴について説明いたします。△△大学を卒業後、●●株式会社に●年間在籍しており、営業のお仕事をしていました。その後、産休に入るとともに退職し、現在まで専業主婦をしております。趣味は子供と遊んだり、子供の写真をとることです。先日、子供の保育園への入園が決定し、再就職しようと考えていたところ、御社の求人情報を拝見いたしました。産休前に働いていた会社がweb関係だったこともあり、当時の経験が御社でも活かせると考え、応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。」

魅力的なポイントはこの3つ!

1.挨拶とともに「面接に対する感謝」を伝えていること

 面接官に対する気遣いの気持ちや誠実さが伝わり、好感度アップ間違いナシ!

2.子供の話題をあげていること

 面接官の興味を惹くことができ、話題を広げることにも繋がります。また「趣味は写真を撮るこ  と」と話しているので、面接官によっては「ぜひ見せてくれませんか?」といった話の運びになる かも?こんな形で打ち解けることができれば、その後の面接もスムーズに進みそうですよね!

 また子供がいる主婦の場合、企業は「家庭との両立が現実的かどうか」を重視するので、「入園が 決まっている」という事実を伝えることで、採用率アップにつながります。

3.自身の経験を活かせると伝えていること

 企業の目線に立って自己分析できていることが伝わり、とても好印象。

「自己PR」のよい回答例

「子供の保育園の入園が決定し、昼間働けるようになったため、正社員として御社で働きたいと考えております。保育園は自宅から徒歩5分の位置にあり、緊急の場合には、近くに住んでいる両親がサポートしてくれます。前職での私の強みは、業務に優先順位をつけ、効率よく仕事を進められることでした。その仕事ぶりが評価され、社内表彰を受けたこともあります。子育てや家事においても、優先順位付けは常に意識しており、マルチタスクを得意としています。事務職は未経験ですが、この強みを活かし、子育てとの両立に取り組んでいきたいと考えております。」

魅力的なポイントはこの2つ!

1.子供がいる状況でも仕事に影響が出ないことを伝えていること

 「徒歩5分の保育園」や「サポート体制が整っている両親」の存在は、企業にとって大きな安心材 料になります。具体的な数字や人物を伝えることで、発言の信頼度も高まりますね!

2.希望職種で求められる能力を把握していること

 事務職で求められる能力の1つである「マルチタスク能力」について、しっかりアピールできてお りとても好印象です!前職での経験や実績についても説明しており、非常に説得力があります。

まとめ|等身大の自分で面接に向かおう。


面接を受ける際、「自分なんて採用してもらえないかも」と不安に思う方もいるかもしれません。しかし、受かりたい一心で見栄を張ってしまうと、合格した後に自分が作りあげてしまった高いハードルに苦しむことになります。

会社が募集をかけ、時間を割いて面接を行なうということは、人手を足りていないということ。面接官は試験官ではありません。企業は、あなたの力を欲しているのです。

ITサポート事務のように、未経験者の採用を積極的に行なっている業界においては、「現時点で未経験かどうか」は関係ありません。あなたの過去ではなく「これから」に期待をして、企業は採用活動をしています。

「この人と働きたい」と思ってもらえる人柄が伝わればそれで大丈夫!等身大のあなたを評価してくれる企業は必ずありますよ。緊張しすぎず、あなたの魅力を伝えきれると良いですね!