30代から始める大人のオフィスメイク!上品なナチュラルメイク術をご紹介

今回の特集は、30代から始める大人のオフィスメイクです。昔から使っていたお気に入りのコスメやスキンケアは今のあなたに合っていますか?10代20代の頃に流行っていたメイクのままでは、オフィスで少し浮いてしまうかも!?そんな大人女子が抑えておきたい、大人のオフィスメイクのポイントをご紹介していきます。

厚塗りにならずにナチュラルに仕上げるコツを覚えて、あなたもキレイな大人女子を目指しましょう!

ベースメイクが一番のポイント


大人のメイクで一番大事なのは、ベースメイクです。流行りのアイシャドウを使ったカラーメイクも素敵ですが、一番気を付けたいのは肌をキレイに見せること!20代のころに比べると、睡眠不足が肌荒れにつながり、シミそばかす、吹き出物、クマなどお肌の悩みが増えてくるのが30代です。そこで今回はベースメイクをきれいに仕上げるコツをご紹介していきますよ。

ファンデーション、コンシーラー、チークなど、大人女子が使うべきアイテムを見ていきましょう!

ファンデーションはリキッドタイプを!

メイクの基本となるのはファンデーションです。肌の乾燥が気になってくる30代女子にはパウダーファンデーションよりも断然水分量のあるリキッドタイプのファンデーションやクッションファンデーションを選びましょう!

カバー力を求めるならリキッドを、つや感を出したいならクッションファンデーションがおすすめです。

リキッドファンデーションは、指よりもブラシで付けるほうがより薄づきで自然な仕上がりになりますよ。

自分の肌に合った色をBAさんに選んでもらうのがおすすめ

時間に余裕があれば、デパートなどの化粧品カウンターに行ってBA(ビューティーアドバイザー)さんに、自分にあったファンデーションの色を選んでもらうのがおすすめです。デパコス(デパートコスメ)はプチプラコスメに比べると値段は高いのですが、カラーバリエーションが豊富ですし、より自分の肌色にあったものを見つけることができます。

また、メイクしたては良くても時間が経つとくすみや崩れが気になるという方も多いですよね。カウンターでタッチアップしてもらったら「肌なじみを見たいので1日過ごしてから考えます!」と正直に話して、その日は買わずに帰り、自分の肌との相性を見てから購入するということもできますよ。

ドラッグストアのサンプルのファンデーションを顔全体に試すのはできませんので、デパコスならではのメリットともいえます。色が合わなくて買いなおしたという無駄を防ぐこともできます。

気になるシミは暗めのコンシーラーでカバー!

30代になると増えてくるのがシミです!シミが気になる方はカバー力の高いファンデーションを多めに塗ってしまい、うっかり厚塗りになっていませんか?シミには、カバー力の高いファンデーションよりもコンシーラーを使いましょう。

ポイントはコンシーラーの色です。肌と同じ色のコンシーラーは、厚塗りの原因になります。シミは肌よりも濃い色をしていますので、ワントーン暗めのコンシーラーを選びましょう。シミをポイントで隠したら、シミの上を触らずに、その周りをブラシでぼかして周囲の肌となじませます。

クマはオレンジのコントロールカラーで消す!

目元のクマが気になる方も多いですよね。シミ用と同じコンシーラーやファンデーションで隠そうとしてはいませんか?

クマにおすすめなのは、オレンジ系のコンシーラーです!これは肌と同じ色のコンシーラーで隠すというよりも、クマの色をオレンジで打ち消すという効果があり、より薄付きで自然にクマをカバーすることができます。

カバーした後は、シミと同様で境目をブラシでぼかして仕上げるのがポイントですよ。

ベースメイクの仕上げはフェイスパウダーで仕上げる!

ファンデーションとコンシーラーでベースメイクができあがったら、フェイスパウダーで仕上げましょう。メイク崩れを防ぐためには欠かせないアイテムです。皮脂崩れが気になるTゾーンを中心に、フェイスパウダーで抑えていきましょう。瞼も抑えるとその後のアイシャドウのヨレ防止にもなりますよ。

上品な細かいパールが入っているフェイスパウダーは、つや肌に仕上げてくれる効果もありおすすめです。

チークはベージュ系が大人女子にはおすすめ

チークは血色をよく見せるための欠かせないアイテムですが、大人女子にはピンクやオレンジ系よりも、よりナチュラルなベージュ系のチークがおすすめです。落ち着いた印象のベージュ系チークですが、元気すぎずナチュラルヘルシーに見せてくれます。

チークを丸く入れるのは大人女子には不向き!骨格を意識して頬骨の高い位置から耳上に向かってチークを入れて、その後下にぼかしていきます。自然なグラデーションを心掛けましょう。

眉はパウダーもしくは眉マスカラで自然に

眉はペンシルタイプよりも、パウダータイプのアイブロウをブラシで使って描くのがおすすめ。

ペンシルに比べより自然で柔らかい仕上がりになります。色は髪色に合わせて選ぶのが基本ですが、眉頭から眉尻まで同じ色ではなく、2色使いをして眉頭は薄く、眉尻は濃い色で足りない毛を足すように1本ずつ描き足すイメージでのせていきましょう。そうすることで立体的な眉に仕上がりますよ。

眉を描き足すほど薄くない方は、眉マスカラを少しのせて整えるだけでもOKです。

ベースメイクが完成したら、アイシャドウとリップで個性をプラス!


ここまでご紹介したベースメイクが完成したら、次はアイシャドウとリップの出番です。落ち着いたブラウン系のアイシャドウはオフィスメイクの定番ですし、時には季節のカラーをメイクに取りいれるのもいいですよね。

本サイトではベースメイクの他に、オフィスメイクにおすすめのアイシャドウやリップのご紹介も随時追加していきますので、合わせてお読みください!

まとめ


今回は30代の大人女子におすすめのオフィスメイク、ベースメイク編のご紹介でした。20代では必要なかった、シミなどを自然にカバーできるコツを覚えて実践してみましょう。基本となるベースメイクがキレイに仕上がると1日が気分よく始められますし、貴重な休み時間を化粧直しに費やすなんてことも減りますよ。

お肌の曲がり角を曲がったといわれる30代ですが、あなたらしいメイクでオフィスライフを楽しんでください!

事務職に関する無料カウンセリングはコチラ

お名前必須
お電話番号必須
メールアドレス必須

完全無料で転職相談ができる!
今なら転職お祝い金最大5万円プレゼント