パソコンが苦手な文系女子もIT業界でエンジニアとして活躍できる3つの理由をご紹介

今回は「文系女子のIT業界への就職」について紹介します!
文系女子のみなさんは「IT業界」に対して、以下のようなイメージを持っていると思います。

  • プログラミングとかシステムとか、
    実際何やっているのか、よくわからない
  • 理系の人がたくさんいて、引け目を感じそう
  • というか、大学で専門的に勉強してきた人が就く職業なんじゃないの?

未経験での就職に不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?
しかし実は「IT業界」は未経験・文系出身者の採用が大幅に拡大している業界なのです。

本記事ではまず、IT業界の代表的な職業とその業務内容について簡単に説明し、未経験の文系女子がIT企業で活躍できる理由についても、合わせて紹介します!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

未経験歓迎・将来性バツグンの職業は「システムエンジニア」と「プログラマー」


IT業界といっても、様々な業種・職種があります。その中でも今回は、とくに文系出身者の需要が高い職種である「システムエンジニア」と「プログラマー」をピックアップしました。
自分が働く姿をイメージしながら読んでみてくださいね。

「システムエンジニア」ってどんな職業?

システムエンジニアの主な業務内容は以下の3つです。

①要件定義を行う

お客様との会話を通して、

  • 「どんなシステムが欲しいのか?」
  • 「潜在的にどんな課題を抱えているのか?」」
  • 「システムを導入した先で、何を実現したいのか?」

などについて話を聞き、分析することを要件定義といいます。

②設計を行う

要件定義の内容をもとに、システムの大まかな設計から詳細の設計まで、後述するプログラマーと協力しながら、最終的なアプリケーションの設計を完成させます。

③必要になる人員や予算を決める

システムの最終設計が終わったら、「そのシステムを作るのに、どれだけの人員と予算がかかるのか?」を計算します。

「エンジニア」と聞いて、システムを「作る」人なのでは?と感じる方も多いかもしれませんね。
しかし実は、実際に作るよりも、お客様の話すことが多い職業なのです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「プログラマー」ってどんな職業?

プログラマーは、システムエンジニアが設計した設計書を元にプログラミング作業を行う技術職です。「料理」にたとえると、システムエンジニアは「お客様に好みを聞いて、レシピを作る人」、プログラマーは「レシピを元に料理を作る人」です。
学習した様々なプログラミング言語を使って、実際にシステムの開発を行います。

システムエンジニアに求められるのはこんな能力!


システムエンジニアに求められる能力は以下の2つです。

話を聞く力

お客様は、たとえば流通業や小売業など様々。IT知識があまりないお客様も多いのです。そのため、お客様自身が「どんなシステムが欲しいのか」を把握できていないことがよくあります。「お客様が本当に求めているものは何か?」といった潜在ニーズを聞き出すには「話を聞く力」が欠かせません

コミュニケーション力

システムエンジニアはお客様と話すお仕事です。社内だけでなく社外の人との関わりも多いので、様々な業界の人ともコミュニケーションをとれる能力がとても大切です。

プログラマーに求められるのはこんな能力!


プログラマーに求められる能力は以下の2つです。

物事を論理立てて考える力

物事を論理立てて考える力は、プログラミングをする上で欠かせない能力です。

現在、物事を論理立てて考えることに自信がない・・・という方でも大丈夫です!

プログラミングを学ぶ中で、自然と身についていきます。

文系出身・未経験でIT企業に入社した筆者も、1から学ぶ中で徐々に身につきました

調べる力・索引力

IT業界は、情報が常にアップデートされる世界です。実は、プロのプログラマーでも全ての知識が頭の中に入っているわけではありません。その都度、プログラマーたちは解決策や知識を調べて見つけています。

つまりプログラミングができる人は「調べる力」がとても高いのです。

わからないことに直面した時に、すぐに人に聞いたり、ネットで調べたりすることが得意な人は、プログラマーにとても向いています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

未経験の文系女子だからこそ活躍できる理由がある


ここまで、IT業界の魅力的な2つの職種について紹介してきました。

実は「未経験」の「文系女子」だからこそ活躍できる理由があります。今回はその理由を3つ紹介します!

中途半端な先入観がないことが逆に良い!

現時点でITの知識を持っていないことを、引け目に感じる必要は全くありません。

先入観を持っていないことで、素直な気持ちでスキルを吸収できます。実は「文系出身者の方が入社後の吸収力が高い」とも言われているのです。

「コミュニケーション力」を持っている人が強い!

「プログラマーに向いている能力」の部分でもお話しましたが、IT業界は、日々情報が目まぐるしく更新される世界です。そのため、現時点でたくさんの知識を持っていることよりも、困った時に、上司に頼ることができる「コミュニケーション力」が高いことが大切です。

「女子」であることが最大の強み

先ほど「コミュニケーション」が大切というお話をしました。とはいえ、人に迷惑をかけるのが苦手で、うまく質問できない・・・という悩みを抱えている方もいると思います。でも大丈夫!ここで「女子」であることが特権としてとても活きるのです!

IT企業は、女性に比べて男性が多い職場なため、、「女子」はとても貴重な存在なのです。そのため、女子であるというだけで「オアシス的存在」になり、仕事も丁寧に教えてもらえますよ!
頼り上手になって、どんどんスキルアップしちゃいましょう。

そもそもITって何?という風に、ITの事が何もわからないまま入社された方でも活躍されています。
実際にその方にお話を聞いたので是非ご覧ください!

ITって何?右も左もわからない状況でホテル業界事務職からITサポート事務に転職

まとめ|まずはITサポート事務で経験をつむのがオススメ


それでもやっぱり急にシステムエンジニアやプログラマーを目指すのは不安・・・という方におすすめなのが、ITサポート事務です。ITサポート事務のお仕事内容については、『IT業界の事務には将来性がある!3つの理由と具体的なキャリアアップをご紹介します』で紹介しているのでぜひチェックしてみてください!

ITサポート事務には将来性がある!3つの理由と具体的なキャリアアップをご紹介します

ITサポート事務職を通じて、プロのシステムエンジニアやプログラマーの方と仲良くなり、気軽に質問できる関係を築くことで、少しずつステップアップをすることができます。徐々に知識や技術を身につけていった先で、システムエンジニアやプログラマーに転身することもできますよ!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆