なぜIT業界を選んだのか?未経験の志望動機の例文や書き方をわかりやすく解説

「IT業界で働きたいけど、志望動機の作成方法が分からない…」
「未経験者でも内定を獲得できる例文があれば知りたい!」

上記のような疑問や不安を解決しませんか?

この記事では、「IT業界での志望動機の作り方」「未経験者の人がつかえる志望動機の例文」の2つをメインに紹介していきます。

IT業界での内定を獲得できるかどうかは志望動機にかかっています。
この記事で作成のノウハウを学ぶことで、内定獲得に100歩ほど近づきます!

未経験の場合は必ず企業研究をしよう


未経験者の場合、企業研究は必須の項目になります。

企業研究は、志望動機を作成する際の下地になるためです。企業研究を怠った状態で志望動機を作成すると、下記のようなリスクを招いてしまうこともあります。

  • 企業が欲していない角度からアピールしてしまう
  • 採用はおろか、不採用の決め手になってしまうこともある

また、企業研究は、応募先が取り組んでいる事業や在籍している社員の数だけでは不十分です。

企業の理念はもちろん、企業のビジョン、社風などをホームページで確認しておきましょう。特に、社風を知るというのは、どういう社員を採用しているの答えでもあります。

IT企業は、ホームページに社内ブログをリンクしている企業が多いです。社内ブログは社風を知るのにもってこいですので、必ずチェックしておきましょう。

IT業界で転職活動する際の志望動機に盛り込むべき3つの要素


IT業界で転職活動をする際、志望動機にはどのようなことを盛り込めばよいのでしょうか。

以下にて、盛り込むべき要素を3つ紹介していきます。

未経験の場合は関心や意欲を具体例と共に伝えよう

未経験の人の場合、興味や関心を伝えることが効果的です。

しかし、「学生のころからITに興味がありました」だけでは面接官も反応に困りますので、具体例をいれましょう。下記をご覧ください。

「学生の頃からITに触れることが多くなり、Webやゲームの仕組みにつて興味を持つようになりました」。ただ興味を持ったと伝えるのではなく、例のようにどういう風に興味を持ったかを記載するとよいです。

企業がアプリ事業を経営しているならゲームで、メディア運営をしているならWebに興味を持ったという趣旨の具体例を志望動機に加えましょう。

持っているスキル・経験をアピールしよう

持っているスキルや経験がある人は、しっかりとアピールしましょう。

コミュニケーション能力ももちろんそうですが、何より技術力がものをいう世界でもあります。スキルや経験のアピールは「即戦力になるかも!」と面接官に思わせることのできる重要な要素です。

たとえば、これまでに作ったアプリやサービス、Webサイトなどはポートフォリオとして提出できます。
IT業界で従事した経験がなくとも、他の業界でマネージャーをした経験があれば、マネジメントスキルがある人材としてアピールすることも可能です。

これまでの自分の経験や作成した成果物を思い返し、応募先のIT企業に結びつけて志望動機を作成してみてください。
どのようなスキルをアピールすべきなのかは、企業研究を行った際に見えているはずです。

具体的な経験は必須!

経験をアピールする際は、どれだけ具体的に伝えられるかがカギです。

経験談はでっち上げることもできるため、面接官は目を光らせます。さらに具体例がないと、中身の薄い経験談になってしまうため、評価も低くなってしまうのです。

経験談を志望動機に加える際は、下記のことに気を付けてみてください。

  • 数字をなるべく多く使う
  • 当時の感情や言動を伝える
  • 経験を活かして学んだことを伝える

数字をいれるのは鉄則です。良いアピールにならない数字であっても経験談にリアリティを加えてくれますので、必ずいれるようにしましょう。

未経験で志望動機を作成する際にアピールするべきポイント


未経験だからといって、ネガティブに考える必要は全くありません。ハッキリいって、未経験でも不利になることはないからです。

企業によっては、プログラミングの知識や経験を必須として募集をかけている企業もあります。しかし今、ほとんどの企業では未経験者や文系の学生を歓迎しています。

それは、未経験であってもプログラミングスキルを学習できる環境が用意されているからです。内定後にプログラミング研修がある企業などは、まさにその例であるといえます。

ITの知識を持っている人にアドバンテージがあることは間違いありませんが、未経験が不利になるということはないのです。

それでは上記を踏まえて、「未経験者がどのようなアピールをすると効果的なのか」をみていきましょう。

スキルや経験以外から志望動機を作成しよう

IT業界での仕事が未経験である場合、志望動機は別の角度から作成する必要がでてきます。誰でも知っているような知識を並べるのは、かえってマイナスの要因になる危険性があるからです。

未経験者の場合、下記のいずれかを基準にして志望動機を作成してみましょう。

  • どうしてIT業界で勤めたいと思ったのか
  • どうして応募先の企業で働きたいと思ったのか
  • 自分の将来的なビジョンに絡める

特に、将来的なビジョンに絡めるというのは、面接官にささりやすいためおすすめです。
「貴社でキャリアを積むことは、自分の将来的なビジョンに欠かすことのできないことです」という趣旨の志望動機が理想的です。

ポイントとしては、起承転結をつけストーリー仕立てにすることです。

たとえば、「過去のあるきっかけによりIT業界に興味を持ち、○○をしたいという目標を持つようになりました。貴社で働くことにより、○○を身に付け、今の目標を達成したいと考えています」というような文が考えられます。

ストーリーは相手の心を動かしやすく、自分のキャリアビジョンをアピールできるのでおすすめです。

「何もアピールすることがない!」という人は自分がやりたいことを熱烈的に伝えよう

何もアピールすることがないという人は、とにかく「貴社で働きたいんです!」ということを伝えましょう。これを言ってしまえば元も子もないのですが、極論、志望理由はなんだっていいのです。

ただし、企業研究は必ず行いましょう。
IT企業の面接官は、面接者の意欲・関心の高さをみています。

「貴社で働きたいんです!」と口でいうだけでは説得力は生まれませんので、企業研究をしたことが伝わる志望動機にする必要があります。

いまいちど、企業研究の際に調べておきたい事項について確認しておきましょう。

  • 企業理念
  • 社風・企業風土
  • 事業形態

上記の3点をおさえておけば大丈夫です。

IT業界で内定を獲得するための志望動機の例文と解説


IT業界で内定を獲得するための志望動機の例文と解説を行っていきます。

丸々つかえる志望動機のみをまとめたので、ぜひご活用ください。

ITについて知識や経験がある人が書く志望動機の例文

「私は、IT企業の事務職にて、アプリ開発の事業にに携わっていましたが、近年はAIが普及し『これから先自分の仕事はどうなるのだろう』という不安を感じることが多くなりました。

そこで思い切ってAIが学べるプログラミングスクールに通い、AIアプリ開発コースでPythonを扱い、人工知能の開発まで取り組みました。そして、このスキルを活かせる企業を探したところ、貴社のサービスを知りました。

貴社のサービスの魅力は顧客目線で構築されたUI・UXの質の高さと、正答率の高さであると感じています。

また、さらなる進化を目指す貴社の取り組みに共感し、私もこれまでの事務職やプログラミングスクールで得た経験を活かしたいと思い、志望させていただきました。」

上記は、これまでの経験をうまく志望動機に紐づけている例です。

実際に積み上げてきた経験を、具体的に記載することでリアリティを生んでいます。リアリティのある志望動機は説得力が増すため、良い志望動機であるといえるでしょう。

未経験の人が書く志望動機の例文1

「昨今では、素晴らしいコンテンツが溢れかえっています。そこで私は、世の中に新しいコンテンツを提供する立場になりたいと思い、IT業界を目指すようになりました。

情報社会が進む世の中においては、常に新しい需要が生まれ続けています。私は、人が作り出したコンテンツの恩恵を受けるだけでなく、人々に愛され利用されるコンテンツを提供する側になりたいと強く考えています。

貴社は、さまざまなコンテンツを生み、たくさんの人の手となり足となっている会社です。貴社へ入社したら、人々に愛される新しいコンテンツ作りに取り組むことができると考え、志望いたしました。」

上記の例文は興味を持ったきっかけと自分のやりたいことをうまく絡めています。起承転結がしっかりしている点も参考になるはずです。

誰でも使える!未経験の人が書く志望動機の例文2

「私は、普段使用しているウェブサイトやアプリ、ソフトウェアなどが全て人の手によって作られているという当たり前の状況に対し、危機感を覚えるようなりました。それは、アプリやサイトの仕組みが全く分からず、ただ茫然と利用する側にいるという現状があったからです。

IT業界に関わることでただ利用だけだった側から、コンテンツを発信できる側になるというのが、現在の私の目標です。

入社後の研修制度でプログラミングについて学び、将来的には貴社にて、世界中の人々が当たり前のように利用するようなコンテンツを開発したいと考えています。」

上記は、「漠然とした危機感から行動にうつしたという事実」「具体的に自分をどう変えていきたいのか」を記載することで、行動力とキャリアビジョンを示した志望動機です。

未経験者であれば、誰でも利用できる例文ですので、ぜひ参考にされてみてください。

まとめ


この記事では、IT業界で勤めたいという人の志望動機の書き方、例文について紹介しました。参考になる箇所が多いようでしたら幸いです。

IT業界が未経験である人の場合は、しっかりとした企業研究を行い、起承転結がしっかりとした、熱意のある志望動機を作ることを心掛けてください。

「働きたい!」という熱意さえ伝われば、必ずよい結果がでます。慣れないことも多いかと思いますが、根気強く作成すれば、必ず人の心を動かす志望動機は作成できます!

記事を参考にし、まずは気になる企業の企業研究から行ってみてはいかがでしょうか。