未経験で医療事務は難しい?大変であると言われる4つの理由や仕事のやりがいをご紹介

一般的に、医療事務は大変だと言われることが多いです。
しかし、「どうして大変なのか」「他の事務職と比べてどう違うのか」と一つ踏み込んだ情報を知る人は、少ないのではないでしょうか。

この記事では、医療事務が大変だという理由を、当事者の目線から4つ紹介し、医療事務のやりがいについても解説していきます。

医療事務がどう大変なのかを知ることで、他の仕事を探す際の幅も広がり、良い就職活動ができますよ。

仕事は、ライフ設計をするうえで欠かせない要素です。まずは、医療事務について知り、効率的で幅のある素晴らしいライフ設計を実現させましょう!

未経験での医療事務が大変だと感じる4つの理由


未経験での医療事務が大変だと感じる4つの理由について紹介します。

覚えることが多く、必要な知識が変わっていく

医療事務は、他の事務職と比べても覚えることが多いです。

さらに、医療制度の関係上、業務上に必要となる知識・情報がどんどん変わっていきます。変化に対応するためには、専門的な知識がないと厳しいと言えます。

医療制度が変更されることによって、事務処理の際の「計算方法」「点数の算出方法」が変わります。改正のたび、詳細も変更されていくため、継続的な勉強や暗記が欠かせません。

また、医療事務というと、病院や診療所での受付を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

しかし、医療事務の仕事はそれだけに留まらず、会計、処方せんの窓口、カルテ管理、入退院受け付け、病棟クラーク、診療費の計算など、さまざまな仕事があります。

これに加え、一般の事務作業も加わるようなイメージです。

仕事が多いということは、それだけ必要になる知識も増えるということです。
「専門的な知識を有さない未経験での医療事務は厳しい」と言われる理由がよく分かりますね。

また、大きな病院では、レセプト業務(国民健康保険などからの診療報酬を請求する仕事)が膨大な量になります。そのため、専門のスタッフが分担して行うこともあります。

しかし、小さな病院だと、分担せず、一連の仕事を全て請け負うことになります。

任される仕事が多いと、ある程度のスピードが求められます。人の体や命を預かっているということもあり、雑な仕事はできません。一つのミスによって、取り返しの付かない事態を招く可能性があるからです。

ある程度のスピードを保ちつつ、ミスはできないことが、医療事務の大変なポイントの一つです。

患者さんへの気遣いが大変

他の事務職では、関わることがまず無いであろう患者さんとのコミュニケーションをとらなければいけないのも、医療事務の大変なポイントです。

ただ、コミュニケーションをとるというだけでなく、気遣いも忘れてはいけません。

例えば、病院に来た患者さんは、すぐに診療できるわけではなく、長い時間、待合室にて待たなければいけないこともあります。「はやく診てほしい」ということで、イライラして医療事務の人に文句を言うということもあるでしょう。そのため、患者さん一人一人に対する気遣いが必要となります。

また、患者さんに診療のことを聞かれても、医療事務の人は答えてはいけません。診療と判断される行為は、国家資格を持った人以外がしてはいけないからです。

上記以外にも、医療事務の人は、様々なことに対して気遣いをする必要があります。

他の事務職だと、あまり会社外の人と直接的に関わることはありませんよね。医療事務ならではの大変さであるといえます。

専門家が多く、対応が難しい

病院には、専門性の高い知識や、技術を持つ医師や看護師が多数在籍しています。

医療事務は、医師や看護師のサポートをする仕事なので、最低限の医療知識をもっておかなければなりません。

例えば、薬剤名、カルテ、レセプト仕様にあった病名など、様々な専門用語を理解する必要があるのです。未経験から全てを覚えるとなると、他の事務作業と並行して覚えなければいけないため、かなり大変で、気の遠くなるような作業になります。

未経験ではなく、実務経験や資格を持っていたとしても、医療現場の分野や環境が変わることで、必要となる知識が変わります。新たな知識を吸収する必要がでてくるということです。

医療事務での作業を円滑に行っていくためには、「医療の基礎知識」「医療現場によって違う知識」などを、積極的に学んでいく姿勢が必要とされます。

他の事務職に比べて休みがとりにくい

医療事務は、他の事務職に比べて休みがとりにくく、残業も多くなる勤務傾向があり、問題視されています。

休みがとりにくくなるのは、そもそも医療事務としての人員が少ないからです。

同じクリニックや病院の勤務でも、看護師は人員が多く、ローテーションで回しているため、休みや長期休暇もとりやすくなっています。

残業が発生するのは、月末月初にあるレセプト業務が原因となる場合が多いです。医療事務の人のほとんどがこのレセプト業務関連で残業を経験しています。

医療事務は、レセプト業務以外にもたくさんの業務を担当するため、慣れないうちは残業が多くなることもあるでしょう。

慣れてきたとしても、新しい業務を任されたり、医療法の改正により、勉強することが増えるということもあります。

難しいからこそ医療事務はやりがいがある


医療事務はやることも多く、専門的な知識が必要となるため、簡単には務まりません。しかし、その分、仕事としてのやりがいも多いです。

他の事務仕事では味わえない達成感もあるでしょう。それでは、どのような場面において、やりがいを感じられるのでしょうか。以下にて紹介していきます。

患者さんの助けになっているという充実感

患者さんは、体や心の面で何らかの疾患を抱え、病院にやってきます。不安な気持ちも多く、精神的に不安定になっている人も多いでしょう。

様々な不安をコミュニケーションによって拭ってあげるのも医療事務の仕事の一環です。

柔軟性のある待遇で迎えることができれば、患者さんに心から感謝されます。

人の気持ちを想いやり、助けてあげられときにもうら感謝の気持ちというのは、何にも代えがたい充実感となって、あなたの心に残ります。

人との繫がり感じられる

医療現場で勤務すると、当然、患者さんと接する時間が多くなります。地域のクリニックや病院で勤務する際は、何度も、同じ患者さんを担当するということもあるでしょう。

あなたの地元であれば、知り合いや友達を担当するということもあります。

勤務する中で、「いつもありがとうね」「元気にしてた?」など温かい言葉をかけてくれることも多いです。地域のつながりを感じられる瞬間でもあります。

地域の人々のためになっているというのは、自分の中の誇りにもなりますし、より一層の満足感も得られます。やりがいとなり、仕事のモチベーションにもつながるでしょう。

まとめ


この記事では、医療事務の大変なところや、仕事のやりがいについて紹介してきました。

とかく、医療事務は未経験者には難しく、大変な仕事です。その分、やりがいもありますが、楽な業務ではありません。「ちょっと厳しいかも」と思った方もいるかもしれませんね。

未経験で事務の仕事を検討しているということであれば、ITサポート事務がおすすめです。ITサポート事務は、ITスキルが無くても始められる手軽さが売りです。

ITサポート事務には、医療事務には無いメリットがたくさんあり、将来性のある仕事でもあります。

詳しくは、『ITサポート事務が未経験,ITスキルなしでも歓迎って本当?経験者が語る本当に必要なスキルをご紹介』をご覧ください。

ITサポート事務が未経験,ITスキルなしでも歓迎って本当?経験者が語る本当に必要なスキルをご紹介

完全無料で転職相談ができる!
今なら転職お祝い金最大5万円プレゼント